2006年08月30日

何処でも彼処でも

岐阜県の裏金問題というのは、
どうやら他の方向にも広がりを見せているようである。

県立高や養護学校でも裏金作り、30校で9百万…岐阜(讀賣新聞)

裏金を作ろうが何をしようが、最終的には彼ら自身の責任なのだが、
(当然、それを返還するなどのことも彼ら自身が請け負わなければならない
このように裏金作りが世に露呈するということが
果たして彼らの中では念頭になかったのだろうか?

うまくやれば絶対にばれないとでも思っていたのだろうか

何が理由かはともかく、努力の方向を間違えている
彼らがやるべきことは、県から多くの金を引き出しつつ
それを秘密裏にプールすることではなく、
如何に無駄な支出を抑えて財政を健全に運営するかという努力を
日々惜しまないこと
でなければならない


先日も書いたように、これに似た事例は何処でも大なり小なりあるだろう
だが、そんなことをしたって、結局苦しむのはその自治体自身であり、
その自治体の中で暮らす住民なのである

そこに思いが行き届かないまま、このようなことをやるのは
住民に対する重大な裏切り行為である

岐阜県の事例を他人事と思う前に、
まずは自分が暮らす自治体を疑ってみるのもいいかもしれない

裏金なるものがそれで出てこなければいいとしても、
某かの裏金やそれに類するものが出てきた場合は、
確実にその自治体や行政機関の権威は失墜する
であろう。
そうならないために、自治体は、住民からの監査請求以前に
自ら外部の第三者に監査を依頼して、
自らの身の潔白を証明する
(もちろん、如何なる作為も無しで、だ)ことが
求められてはいないだろうか
posted by KAZZ at 19:34 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 地方自治一般
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。