2006年09月15日

無責任な政治家がここにも一人いる

竹中総務相:参院議員辞職、政界から引退へ 首相に伝える
竹中総務相:政界引退へ 脱デフレの「劇薬」役割終わる
(以上、毎日新聞)

むせきにん 2 【無責任】

(名・形動)[文]ナリ
(1)責任のないこと。責任を負わないこと。また、そのさま。
「―行為」
(2)責任を重んじないこと。責任感にかけること。また、そのさま。
「―に引き受ける」「―な発言」
[派生]
――さ(名)
goo国語辞典より)


どうも、竹中平蔵という御仁の辞書には、
このような言葉はない
のかもしれない。
それぐらい、今回の議員辞職表明はあり得ない話だと思う。

もしも竹中が民間人のままであったなら、
小泉の総理退任に併せて自らも大臣にこれ以上ならない、
などと言うのも、まだわからないでもない


しかしながら、竹中は今や国会議員なのである。
それも、彼自身だけに票が集まって国会議員に当選したのではなく、
あくまでも「自由民主党」の「比例代表候補」の一角として
当選を果たしているという身分
である。

かつて民主党の比例代表候補として当選した大橋巨泉という御仁が、
民主党の党運営に不満を漏らしたか何かで議員辞職をしたことがあった。
あれも、よく考えたらただの老人の我が儘に過ぎないのだが、
その時、内閣官房長官だった福田康夫からは
職場放棄」なる痛烈な言葉が大橋に対して寄せられた。
(この部分の参考:Wikipedia「大橋巨泉」)

その時の福田康夫の言い方を借りるならば、
竹中の事例も「職場放棄」と呼ぶに相応しいものではなかろうか。
竹中平蔵個人としてではなく自由民主党を代表する参議院議員として
国会に登壇しているはずの国会議員
が、手前勝手な理由で
任期を残して去る
というのは、職場放棄」に他ならない

大橋巨泉の時も相当に非難されていたはずだが、
自分の役目と称するものが終わったからとばかりに
さっさと辞めてしまえるほど、国会議員という仕事は軽いものなのか

竹中はその程度の意識で国会議員の職務に就いていたのか
だとしたら、これは国会そのものと有権者とに対する
重大なる背信行為
ではないのか。

小泉も竹中の申し出に理解を示したらしいが、
そもそも小泉こそ竹中に対して
国会議員としての任期と職責を全うせよ」と
厳しくたしなめなければならない立場
ではないのか。
それを事実上容認するということは、
小泉もまた国会議員の職務を軽んじているものと思われても
致し方ない
と言えよう。

もっと言えば、ここ最近の日本の(主として経済的な)国策は、
こんな無責任な頭目連中によって決められていた
ということにもなる。
それで本当に良かったのか。
疑問は尽きない。

さて、そんな竹中が議員辞職することになると、
当然、繰り上げ当選の議員が出てくることになる。
それが、こんな御仁らしい。


参院繰り上げ:女子プロレスラーの神取忍さんが当選へ(毎日新聞)

政治的なことを訊かれても「よくわかんない」などと答えた
女子プロレス界最強の男(注:もちろん本当は女性)である。

恐らく、実際に繰り上げ当選が確定したとしても、
馳浩のようなベクトルではなく、
大仁田厚のようなベクトルでしか注目されない
ものと思われる。
要するに、その程度の「政治家」なのだろう。
せいぜい大仁田と組んで国会で暴れればいいではないか。

それにしても、こんなことが罷り通ろうとしているとは、
我が国の政治も、悲しくなるほどモラルが低下しているようで
何だか有権者として情けなくなってくる
posted by KAZZ at 20:07 | 島根 ☁ | Comment(4) | TrackBack(2) | 国内政治(政治家)
この記事へのコメント
 竹中平蔵は住民税か何かを免れるために住所を頻繁にアメリカに移したり日本に戻したりしたそうですね。そのくらいの御仁だから実入りが良さそうな民間に戻るってのは今思えば当然の選択なんでしょうね。

 来年の参院選ということでプロ野球の新庄選手に声がかかったそうですね。勝手に辞職するのも無責任だし、誰彼構わず声をかけるのも無責任。

 もう何とかしてよぉ、って感じ。
Posted by ボッケニャンドリ at 2006年09月16日 09:47
小泉にすれば、竹中は「傭兵」みたいなもんなのでしょう。
竹中もそれを承知で大臣を引き受け、且つ選挙にも出たのしょう。

>新庄

自分らも声をかけたくせに、
いざとなると素知らぬ顔で同じように打診した自民党に
批判を浴びせる民主党ってのもいますがね。

どっちもどっちで無責任ですよ。
Posted by KAZZ at 2006年09月16日 14:50
ご無沙汰しております。

全くもって無責任ですね。
国会議員、引いては国民をなめてますね。
TBもさせて頂きました。
Posted by 主幹 at 2006年09月18日 18:51
こちらこそ、御無沙汰です。

竹中の場合、前のコメントにも書いたように
小泉の「傭兵」みたいなものですから、
仕事さえ済めば地位を放り出しても構わない
みたいに思ってるんじゃないでしょうか。

ただ、彼が民間人大臣のままであるなら、
別にそれでもいいと思うんですが、
彼は有権者の投票によって選出された
歴とした「国会議員」ですから・・・。

そのことをどう思っているのか、という。

ま、たぶん、辞任会見などの様子から見て
彼のために投票した有権者のことなんて
これっぽっちも重要に思ってはいないようですが。
Posted by KAZZ at 2006年09月19日 20:17
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

バカバカしくてウンザリする!
Excerpt: 小泉くんが叫んだ「構造改革」の旗振り役竹中平蔵総務相が議員辞職。「銀行の不良債権の処理・郵政民営化」等々経済財政諮問会議を仕切り、格差社会をお作りになられ、ハイさよなら(^^)/~~~何のために国会議..
Weblog: 競艇場から見た風景
Tracked: 2006-09-16 02:32

辞職
Excerpt: 竹中平蔵総務大臣が26日付けで総務大臣を辞職する。 また、同時に参議院議員も辞職するそうだ。(参照 ) 「役割は小泉首相を支える事だった、安倍氏への投票が最後の仕事」と 言うが、比例単独..
Weblog: 続・主幹の独り言
Tracked: 2006-09-18 18:50
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。