2006年09月22日

日本が嫌いな不幸な人たち

国旗国歌:学校強制に違憲判決 教職員401人が全面勝訴
国旗国歌:全面勝訴に決意新た「教育現場に自由を」(以上、毎日新聞)

日本という国に日本人として住んでおきながら、
その国旗であるところの「日の丸」や、
その国歌であるところの「君が代」に対して、
何ら敬意を払えない人々がいる
のは、よく知っている。
彼らはそれを皇国思想やら軍国主義やらの象徴みたいに言うわけだが、
バカバカしくてお話にさえならない

皇国思想や軍国主義の時代は、とうの昔に終わりを告げ
民主主義社会が(形はどうであれ)花開いている昨今に於いて、
まだこのようなアナクロニズムに振り回されている人々がいる。
批判するより、同情の一つもしてあげたくなる
彼らは本当に可哀相だ日本という国を単純に好きになれないのだから。
そんなに日の丸や君が代のあるこの国が嫌だというなら、
お願いなので何処かよその国にでも出ていっていただけまいか


そもそも、この種の人たちは、
日の丸や君が代に取って代わるものを提示できていない
そんなに日の丸や君が代が嫌だというのなら、
その代わりになるものを示してくれればいいのに、
彼らがそんなものを提示したなどという話は、まず聞かない
そのくせ進歩的(と彼らが勝手に思い込んでいる)思想のコミュニティに
引きこもりつつ、「我々は正義だ」などと思い込んでいる

前向きに議論することもなく、その状態に浸って喜んでいる

昨今、とかく愛国心」なるものが騒がれる
確かにナショナリズムという意味でなら、
それが膨脹しすぎると大変なことになってしまう可能性もある
が、
一方でパトリオティズムという意味に於いてのそれは、
本来なら最も大切にされるべきもの
ではないのか。
それらをゴッチャにして論じようとすることに無理がある

日本には固有の文化や風習などがある
それらに目を向けることが、今、どれだけ行われているか
そして教育者である彼らは、そのことに何処まで積極的であるのか
恐らく、まるで知らんぷりするしかないのだろう。
何せ日の丸や君が代にすら敬意を払えないような連中なのだ。
日本固有の文化や風習に目を向けることの重要性など
理解できようはずもない


やはり、彼らは不幸な人たちなのだ。
日本という国に暮らす日本人として、
彼らは著しく不幸な類の人間なのだ

そして、そんな人々が教育者として大手を振って歩いていることに
もっと危機感を覚えなければなるまい

日本はどうなってしまうのか
posted by KAZZ at 19:52 | 島根 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 国内事件・社会
この記事へのコメント
仰るとおりだと思います。
現在の「日の丸」「君が代」がダメだと言うならば、それに代わるものを出さなければなりませんよね。ところが現在の国旗・国歌に反発している方たちは、そういうものを発表なさっていない。とすると、「国旗や国歌のない国、日本」が生まれることになりますが、それでよろしいのかと問うてみたいものです。
日本の平和主義を尊敬し、自国の国旗を日本の国旗と似せたバングラデシュの例を教えてあげたいです。
日本の文化や伝統を誇ることは、健全なナショナリズムとでもいえるものだと思います。そして、この誇りを持つことが、今の日本にはなぜか内部からの圧力があって、出来ていないのではないかと感じます。
自分の国の良いところをしっかりと言うことが出来る日本人を育てることが現代の教育者の最大の課題の一つであると思いますのに、こういったことでは非常に残念ですね。
長々と失礼しました。
Posted by mityosi at 2006年09月25日 10:37
>mityosiさん

彼らに日本の良い面は何処だと訊いたとして、
まともな答えが返ってくるとは思えませんね。

平和を希求するマインド自体は別に間違ってはいないと思うんですが、
それを歪なやり方でしか示せないところに
彼らの問題があるという自覚がないのだと思います。

私はつくづく、そんな彼らを可哀相だと思うし、
そんな彼らが教育者であることを情けないと思う次第です。
Posted by KAZZ at 2006年09月25日 20:09
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。