2005年03月16日

3本立て(2):ニッポン放送、落城近し

続いて2本目は、佳境を迎えたLivedoorのニッポン放送買収劇。

先日の東京地裁裁定を受けて、
更なる株の買い増しを宣言していたLivedoorが、
ニッポン放送株式の50%超(議決権ベース)を自力取得できたらしい。

実際には、ニッポン放送がフジテレビ向けに発行を予定している
新株予約権についての審理が、最高裁まで行ってどうなるかにもよるが、
少なくとも地裁レベルでの異議申し立ては却下されたようなので、
このままLivedoorが経営の実権を掌握する可能性は高い。

さて、ここからは私の個人レベルでの感想になる。

私は企業としてのLivedoorに全く信頼を置いていない。
理由は多々あるが、その最たるものを一つ挙げるとすれば、
この企業があまりにも「ユーザーフレンドリー」の概念から
逸脱したようなユーザーあしらいしかできないからだ。

そんなことを言うと、私のサイトにあるLivedoor@したらばの
掲示板を指して、Livedoorから恩義を受けておいて
そんな言い種はないだろうと仰る方もいるかもしれないが、
私はあの掲示板をLivedoorから借りているとは思っていない。
あくまでも「したらば」から借りているだけだ。
正直、いつ乗り替えてもいいと思っている。
実際、同じようにLivedoorが買収したAAA!Cafeの掲示板は、
使い勝手を改善する気もないらしいので、
アホらしくなって利用を止めた。

彼らが主幹と位置づけているネットビジネスにしてこれだ。
もちろん、それはほんの瑣末な一例かもしれない。
しかし、枝葉がこれなら幹など推して知るべしだろう。
そんな企業をどうやって信頼せよというのか。

もし、将来的に彼らがニッポン放送を通じて、
フジテレビなどにも触手を伸ばし、経営権を取得したら、
私はフジテレビの番組を見ないつもりでいる。
彼らのくだらないメディア観の押しつけなど、私は受けたくない。

堀江がメディアの在り方をあまりにも軽視しているのなら、
やがて彼はそのしっぺ返しを喰らう。

そして、それに対して対岸の火事を決め込んでいる
他のメディアの情けなさにも、私は失望している。
個人情報保護法云々以前の重大問題にメディアが直面していることに、
既存メディアの連中はなぜ気づこうとしないのか。
気づくほど頭のいい連中は、あの世界にいないのか。

だとしたら、日本のメディアはもう終わりだろう。

続いて(3)では、社会民主党を取り巻く珍現象について書く。
posted by KAZZ at 20:18 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | ライヴドア
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

堀江社長の「人生の大勝負」
Excerpt: 昨日もニッポン放送関連で、いろんなテレビ局を行脚してたみたいで、堀江社長も大変だなぁと思う。でもまぁ多分「想定範囲内」だろうし「人生の大勝負」と言ってるんだから、頑張れよという感じですかねぇ。 私にと..
Weblog: 桜日誌
Tracked: 2005-03-18 21:05
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。