2005年04月06日

文句を言えた義理なのか?

教科書検定を巡る話題が喧しい。
その内容に中国韓国が猛抗議しているらしい。

まあ、あちらさんがあちらさんの考えを主張するのは勝手だが、
それならあちらも「反日」にシフトするのを止めるべきだ。
フェアにやろうという意識など毛頭ない連中に言うのは無駄かもしれないが、
歴史を論じるのであれば、それなりのフェアネスが必要になろう。
日本にも、中国や韓国にも言えることだが、
一方的な資料や証拠を持ち出して、「これでどうだ」などと詰め寄るのは、
客観的に見ても公平な状態ではない。

前にも書いたように、第三国の裁定を仰ぐぐらいの度量を見せてはどうか。
歴史に関するフェアジャッジメントを望むのであれば、
それぐらい思い切ったことをしないと、同道巡りを永久に繰り返すだけだ。

さて、教科書を作っている会社の中に、
御存知、フジサンケイグループの扶桑社がある。
今回の教科書がよほどの自信作だったと見えて、
検定に合格もしないうちから外部に配っていたらしい。
そして、それを文部科学省に指摘され、回収するよう指導されたという。
能天気もここまで来ると、ギャグにすらならない。

私自身は、「新しい歴史教科書をつくる会」にはあまり賛同できない。
彼らのやっていることも、向いているベクトルに差違がある程度で、
根本的には中国や韓国と同じようなものだ。
産経新聞などはその辺に気づいていないのか、
わかっていて放置しているのか知らないが、
その観点からすれば、彼らに中韓を表立って非難する資格はない。
せいぜい、国際面のうっかりすると見過ごしそうなほど小さなベタ記事で
記者が独りごちるような記事を書いて発表するのが関の山だろう。

もちろん、ナショナリズムを放棄せよなどとは言っていない。
自らが生まれ、居住する国を大切に思うことは、何より大事なことだ。
しかし、そればかりを主張して周囲を見ないことは、非常に危険なことだ。
中韓がそれを事あるごとに実践し、それを我が国は他山の石として
互いの協調をとろうと心掛けてきたのだが、今や日本も中韓を嗤えない。
言いたい放題の罵倒の応酬からは、何も解決の糸口は見えないものだ。

諸問題について、蓋をして知らんぷりをせよというわけではない。
それはそれとして、折を見て適切な主張をすることは大切だ。
しかし、そのことばかりに焦点を当てすぎて、
他の大切なことを見失ってしまうようでは外交などうまくいきっこない。
こういう場合には、双方の紳士的な姿勢が最も重要であり、
その意味において、日本はとりわけ冷静さをキープしなければならない。
中韓が騒げば騒ぐほど、それは客観的に見て「おかしい」と思えるような
状況を作り出さなければいけない。相手の挑発や思惑に乗って
こちらが同じように騒ぎ立てることは、得策とは言えない。

何にしても、中国や韓国がいちいち教科書如きに文句を言うのなら
こちらも中国や韓国の教科書に文句を言う権利ぐらいあるはずだし、
それを中韓両国は甘んじて受けるべきだ
但し、そのことにばかり目を向けすぎていると、
本当に大事なものを見失ってしまう恐れがある。
その辺りを、中韓両国、そして日本が、何処まで理解しているか。

まあ、あまり期待しない方がいいのかもしれないが・・・。
posted by KAZZ at 19:16 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内事件・社会
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。