2006年11月24日

国民不在、党利党略の茶番

郵政造反組の復党問題、自民執行部に亀裂(讀賣新聞)
平沼氏は年内復党見送り、政権公約支持の誓約求められ(讀賣新聞)


郵政民営化問題造反議員の復党劇という名の、
自由民主党の下品なコミックショーが今も続いている。
自由民主党のトップ連中はよほどこの演目に自信があるようで、
今なお視聴者(有権者)の話題をさらえるとばかりに
盛んにこのネタで茶の間の耳目を集めようと躍起になっている

よほど他に重要な問題は多々あるだろうに、
それでもなお、この問題を引っ張り続けている


こんな国民不在の茶番を続けたがる理由は何なのか。
それはつまり、この人たちが多くの重要な懸案事項から
国民の目をできるだけ逸らそうとする
ことで、
「改革」なる美名を旗印に掲げながら、実は「退化」している様を
表に出したくないが故に、このような茶番を繰り広げている
のだろう。

要するに、政権若しくは自由民主党内部の無為無策を隠すために、
斯様な茶番をやって国民を欺いているだけ
なのだ。

もちろん、そういうことなのだから、
国民の存在など彼らにとってはどうでもいいことであって、
だから国民そっちのけで今日も茶番に勤しんでいる

こんな連中を信頼していたら、
いずれ大きなツケを払わされる
ことは目に見えている。
そのことが彼ら自身に理解できていないのだから
笑止千万、臍で茶を湧かすようなもの
であろう。

これもまた「美しい国」を構築するための第一歩なのだろうか。
だとしたら、何とも実りのない一歩ではないか。
posted by KAZZ at 20:21 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治(政党)
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。