2006年12月06日

バカげているとか言われても

迎撃しないのは、ばかげている 米向けミサイルで副次官(中国新聞)

いや、バカげているとか言われても
じゃあその「バカげた」憲法を作らせたのは何処のどの国なのか、という。

元はと言えば、アメリカがそうさせたのであって、
それを今更、憲法解釈を変えろとか言うぐらいなら、
最初からそういう流れを残せるような憲法を作らせたら
それで済んだ話
だというのに。

アメリカのそういう方向付けが、
結果として今の擦った揉んだを生んでいる
ということに
もう少し思いを至らせてくれないと困るのだが・・・。
特に、日米同盟云々と言いタレるのであれば、尚更だ。
posted by KAZZ at 19:58 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治(その他)
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。