2005年04月13日

思い上がるのも程々に

本日は2本立てです。
まず1本目。

韓国で「火垂るの墓」というアニメを上映しようとしたものの、
なぜか上映が無期延期になってしまった
という。
その理由が「対日感情の悪化」だそうで、これは仕方がないとして、
何処の誰が言ったのか「日本人を戦争被害者として描写している
などという反発の声が挙がったらしいのには呆れる。

このような反発をした連中にぜひとも訊きたいが、
日本人は戦争被害に遭ってはいけないのか?
日本人だって原爆を落とされたり、大空襲に遭ったり、
戦争末期には軍部の無茶苦茶な施策のせいで
謂われもない被害に遭った人は大勢いるのだ。
今日の日本は、そういう被害を出発点にしてここまで立ち直ってきた。
そういう目に遭った人たちを、あなたたちは侮辱するのか?

だったら、そうすれば良かろう。
但し、そのような思い上がりのある国に対して、こちらも容赦はしない。
あなた方の戦争被害など、こちらも認めなければ済むだけだ。

どんな思いがあるにせよ、戦争は一番良くないことだ。
できるものなら、しない方が良いに決まっている。
昭和天皇の玉音放送ではないが、
「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」つつ、
我々日本人は今日までやってきた。

それは立場の違う韓国や、あるいは中国などでも同じだろう。
誰もがあの戦争で多大な痛手を被り、
あらゆる点において傷つき、疲れ果てたところから
全てを始めなければならなかったはずだ。

仮にあの戦争が「大東亜共栄圏」だの「八紘一宇」だのという
美名にくるんだ単なる侵略だったにしても、そうでないにしても、
結果的に日本の国民もまた、深く傷ついたという事実はある。
そのことから目を逸らし、自分たちの痛みだけを
殊更にクローズアップしようとするのは、フェアなやり方ではないし、
それはただの思い上がりでしかないと言えるだろう。

確かに、不幸な過去があった。
ただ、それで苦しんでいるのは、韓国や中国だけではない。
日本だって、同じように苦しんでいる。
戦争が終わって50年以上過ぎてもなお、
日本は何処に進めばいいのかと自問自答を繰り返している。
それが理解できないような輩に、
「火垂るの墓」などわざわざ見てもらわなくても良い。
過去について要らぬ拘泥を繰り返し、再三にわたって繰り返されている
「未来志向」とやらを一向に実現しようとしないような輩には、
最も相応しくない映画だからだ。
posted by KAZZ at 19:46 | 島根 ☀ | Comment(1) | TrackBack(1) | 海外事件・社会
この記事へのコメント
伊藤貿易会社ファッション淘宝店舗

■主要取扱商品,バッグ,財布,腕時計

紳士ビジネスバッグ,紳士ショルダーバッグ,紳士ブリーフケース

紳士リュックサック,紳士単肩バッグ,婦人携帯バッグ,婦人ビジネスバッグ
婦人単肩バッグ,婦人ファッションバッグ,婦人レジャーバッグ.
等海外人気ブランドがここに集結
伊藤貿易会社ご注文の方は,(卸売,小売など歓迎|)ご連絡下さい。

当店に対してみんなに感謝するため 長期の配慮、特に以下を出して大安売りで活動しますみんなのご光臨を歓迎します。期待-注文!!

伊藤貿易会社-公式URL: http://www.lva5.com

友達の店紹介: http://www.lva6.net
友達の店紹介: http://www.bag-ss.com

連絡先 lva5qq@163.com 店長 伊藤 静子
Posted by 伊藤貿易会社ファッション淘宝店舗 at 2012年11月27日 18:32
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2939383
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

火垂るの墓
Excerpt: 火垂るの墓『火垂るの墓』(ほたるのはか)とは野坂昭如の小説。1945年の神戸市|神戸・西宮市|西宮などを舞台に戦争前後の兄妹の姿を描いた。 4歳の節子とその兄である14歳の清太が空襲で母を失い、おばの..
Weblog: 「火垂るの墓」
Tracked: 2005-05-21 06:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。