2005年04月18日

困るのは結局、中国や韓国なのだけれど

韓国国民の間で最も危険なイメージがある国は、
どうやら日本らしいという。

一方、中国の反日デモは止むどころか広がる一方である。
中国国内だけならいざ知らず、国外にまで飛び火する有様だ。
こういう状況があるにもかかわらず、
中国の外務大臣は、わざわざ会いに来た日本の外務大臣に対して、
木で鼻を括るが如き態度を取り
しかも虚偽の発表までしてしまうという、
わけのわからない迷走ぶりを発揮した。

日本を嫌悪しようがどうしようが、
それが彼らの国是だというのなら、止める権利はない。

但し、そんなくだらない感情に端を発した
幼稚な行動や発言によって、誰が損をするか、誰が困るか。
それは日本ではない。中国であり、韓国の方だ。

特に、毎週あんなにデモばっかりやっている中国は、
体面を取り繕う行為しかしていないことのツケが、
今に悪影響となって表出することになるだろう。

そうなった時、今の中国政府に責任が取れるのか?
また日本のせいだと言い張って済ませようとするのか?
そんな屁理屈はもう通らない。

韓国も同じことだ。最近、日本への対決姿勢を徒に強めているが、
そんなことが一体何の利をもたらすのか。
要するに、自分の政治的無能を誰かに責任転嫁したいだけではないのか?

そして、その姿勢は、どこかの誰かに似ていると思わないのか?
アメリカ合衆国の、あの無能大統領のやったことにそっくりではないか。

どうやら、中国の首脳も韓国の首脳も、
そのような無能政治家の中に積極的に名前を連ねたいらしい。
posted by KAZZ at 19:28 | 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外事件・社会
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。