2006年12月27日

で、調査ってのはどうなったの?

佐田行革相が辞任を表明 政治資金報告書問題で引責(産経新聞)


立場が苦しくなったら「辞任する」と言えばそれで済むらしい、
閣僚という仕事は随分と重みがないもののようである。


ことの発端は、政治資金報告書に虚偽の記載をしたとのことで
行政改革担当大臣の佐田玄一郎が吊し上げられたことにある。

架空事務所に経費7千万 佐田行革担当相の政治団体(中日新聞)

そこまでのことが明らかになっていながら、
佐田本人はというと「調査する」の一点張りで、
いったい何を「調査」するのかと失笑を買う始末

内閣官房長官もお人好しな御仁らしく、
政治責任は調査結果を見て」などと言い出してしまう。

佐田氏の政治責任 官房長官「調査結果踏まえ判断」(産経新聞)

で、結局、「調査」とやらは何処へやら、
佐田は自分の首っ玉を差し出すことで事態を収拾させようと思ったようで、
大臣を辞任することを表明をし、安倍晋三もこれを了承したらしい。


ところで、佐田が言っていた「調査」とは、どうなったのであろうか
そもそもそんな「調査」自体に何の信憑性もないとはいえ、
自分で「調査」すると言い出したからには、
それなりのものを出さなければ誰も辞任を潔いとは思わない
だろう。
しかし、どうもそういうものは出さないまま、
大臣さえ辞めればいいと思っている
らしい。

こういうナメた態度の御仁が、行政改革を担当する大臣をやっていた。
改革すべきは、行政よりまずてめえの政治団体であろうに。
こんな御仁を任命した安倍晋三の責任意識とは、
如何ほどのものなのであろうか。この種の迷走を見るにつけ、
それはやはり相当に軽いものだろうと思わざるを得ないようである。

こんな総理大臣にこの国を任せて、果たして大丈夫なのか?
posted by KAZZ at 19:36 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治(政党)
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/30391654
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。