2005年04月20日

論外もクソもあるかっつーの

何が侵略で、何が論外なのか、まるで理解できない。

竹島問題を国際司法裁判所に委ねて白黒つけてもらった上で、
どっちも恨みっこなしということにすれば良い、
というアイディア
を、韓国の駐日大使が拒否したらしい。

この問題でいつまでも双方がいがみ合ってみたところで、
何の建設的解決もないのだから、第三者の厳正な判断を仰いだらどうか、
というようなことを、私は前にこのBLOGで書いたことがある。
それが韓国の領土だと第三者(ここでは国際司法裁判所)が判断すれば、
日本もそれ以上のことは主張できないのだし、逆の立場に立てば、
韓国だって同じように過剰な主張などできないはずなのだ。

そういったことさえも「論外」と拒絶することの意味がわからない。

双方が同じように領土権を主張し、譲り合えないのであれば、
そうするより他に手がないことぐらい、子供でもわかる論理だろう。
つまり、韓国駐日大使は子供以下だと思って良いのか。

無論、彼にも、最近強硬姿勢に転じた韓国を代表する立場があろう。
そのことは理解する。

しかし、現実的に物事を考えてみれば良い。
韓国が如何に主張しようとも、行動に出ようとも、
現実として竹島を日本の領土だとする認識はあり、
実際、日本の領土であると考えるのが妥当なのだから、
それを止めることは難しいだろう。

どうしても不服であるのなら、
むしろ韓国の側から国際司法裁判所に打って出るべきではないのか。
それで厳正な判断を仰いで、韓国が望むような結論を
お墨付きとしてもらえるのであれば、
彼らにとって万々歳ではないのか?

この駐日大使の態度を見ていると、
国際的な根拠に乏しいことを自覚していて、
だからこそ「独島(竹島)は韓国領だ」という
一方的且つ根拠に乏しい主張を繰り返しているだけではなかろうか。

何でもいいのだが、せっかくなのだし、
こういう話に乗ってみればいいのではないか。
仮に意に添わない結論が出たとしても、
そのようなことで文句を言わないのが、成熟した国家というものだ。

また、靖国問題にも言及しているが、
論点が相変わらずで論評にも値しない。
もっと気の利いたことをコメントするようにしてもらいたい。
posted by KAZZ at 20:18 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外政治
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。