2007年01月12日

何も解消していない

伊吹文科相:活動実態の乏しい政治団体が事務所費支出
事務所費・不透明処理:飲食費にも使用、中川昭氏認める
事務所費・不透明処理:自民・民主、沈静化急ぐ 互いに攻撃避け
事務所費:「会計処理に問題はない」松岡農相
事務所費・不透明処理:松本・民主政調会長の問題、鳩山氏「厳しい話に」
クローズアップ2007:事務所費の不透明処理 安倍政権にまた打撃、危機感薄い官邸
(以上、全て毎日新聞より)


政治カネ

長らくその弊害が言われながら、
未だに何も解消していない問題の一つである。

それなのに、嗚呼それなのに・・・。

またしても斯様な問題が広がっている。
それも自由民主党だけでなく、民主党にまでも

嘆かわしいことこの上ない話である。


いったいこの国の政治家は何をしたいのだろうか。
斯様な問題に晒された政治家どもは、
一様に見苦しい言い訳を並べ立て、自分たちの正当性をアピールしているが、
法的に問題がないと強弁を並べてみたところで
説明責任を果たしているとは到底言えず、
更に道義的な責任まで逃れられるわけではなく、
結局は何らかの形でキッチリと責任を取らなければならない。

なのに、自分たちには何も責任がないかの如き態度を見せられるにつけ、
自らの信頼性を確実に落とす彼らの行為は
ますます政治への不信感を高めるだけにしかならないことを
改めて実感させられる行為と言えよう。

新年早々これでは、この先の政治模様が思いやられる。

この国は、何処に行こうとしているのか。
posted by KAZZ at 20:02 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治(政党)
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。