2007年01月26日

ゴネて辞めて

角田参院副議長:会見し辞任表明 政治資金不記載問題で(毎日新聞)

政治資金不記載の問題が出てきて、
本人は潔く参院副議長の職を降りるのかと思いきや、
何やらわけのわからない御託を並べて関与を否認し、
副議長の職は辞めないなどと威勢良く宣言したものの、
周り(特に身内の民主党内)から「辞めろ」と突き上げを喰らい、
本人としてはやむなく、しかし周囲の見方としては当然の如く、
参院副議長の職を降りることになってしまった角田義一というお方。

変に肩書きがついたばっかりに、辞めるのは惜しいとでも思ったのだろうか。
辞めるのも、何やら不承不承てな雰囲気だったようである。

しかし、ついでに議員そのものも辞めてしまった方が良かったのではないか。
そうしたら、もっと違う展開がありそうなものなのだが。
参院副議長の職を辞めただけでは、あまりこれという効果には
つながらないような気がしてしまうのだが・・・。

それにしても、民主党というのも脇が甘いというか・・・。

これでは目標とする政権奪取など、夢のまた夢であろう。
posted by KAZZ at 20:26 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治(政治家)
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。