2007年01月29日

政治をする機械

柳沢厚労相「機械」発言、野党が一斉批判…辞任要求も
「子供産む機械」発言は不適切…首相、厚労相を注意(以上、讀賣新聞)
柳沢発言:政府幕引き狙うが、適格性に疑問の声やまず
柳沢厚労相:「産む機械」発言に野党反発
柳沢厚労相:首相が「不適切」と注意…「産む機械」発言
柳沢厚労相:「産む機械」発言…女性議員有志が辞任要求
柳沢厚労相:女性を「出産する機械」とも例える発言
柳沢厚労相:「産む機械」発言で陳謝 辞任要求は拒否(以上、毎日新聞)


柳沢伯夫の表現を借りるならば、
女性は出産する機械」などと口にした柳沢伯夫当人は、
政治をする機械
なのだろう。
まあ、相当にオンボロな機械らしいことは窺えるのだが。

それにしても、言うに事欠いて人を「機械」扱いとは、
よほど言語センスに問題があると言わざるを得ない。
何処ぞの幹事長が「言い直したのだからいいではないか」と強弁しているが、
そんな問題ではないことが何故わからないのだろう

柳沢の発言は、極論すれば(しなくても)「人格の否定」である。
国民には人格など存在しないと言っているのと同じなのだ。
そんな御仁が少子化対策だなどと旗を振ってみても
誰もついてくるはずなどない

彼にとって、国民は人格のない機械みたいなものなのだろうから。
そんな意識の持ち主についていこうという人は
強権政治に諂いながらついていけばいいと思っているような
ただの甲斐性なし
であろう。

まあ、かかる本音をついポロッと漏らしてしまうような辺りに、
柳沢という政治家の脇の甘さがあり

それを許容する自由民主党という政党に、
国民のことなどどうでも良い」という意図が窺える
ことは
なんとなくだが理解できよう。

だいたい機械なんぞに喩えられては、アホらしくてやっていられない
我々には人格や意思があるということを、少しは学んでくれないと

まあ、学ぶ気もないから、あんな発言をするのだろうけれども。
posted by KAZZ at 20:02 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治(政治家)
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。