2007年02月09日

元々、ジャーナリズムではなかった

「ジャーナリスト宣言。」広告、朝日新聞が自粛(讀賣新聞)

たぶん、「ゴーマニズム宣言」みたいなノリでどうかなどと
このコピーを売り込んだのがいるんじゃなかろうかと
なんとなく推察してみるのだが、
そんな面白味も新味もないコピーを未だに使って
「ジャーナリズムでござい」などとふんぞり返っていた
築地方面の新聞社が、車内の不祥事に端を発する形で
このコピーの使用を自粛することになったらしい。

だが、そもそも「ジャーナリズム」ではない朝日新聞が
どのツラ提げて「ジャーナリスト宣言。」なのか
もう一つわからない私にとってみれば、
今更このコピーの使用を自粛されたからと言って
もう一つピンと来なかったりする。


それにしても、朝日新聞に限ったことではないが、
最近、マスコミ発の不祥事がとみに多いように思う。
マスコミュニケーションとは、いったい何なのか。
多くのマスコミ人は、マスコミの仕事に就いていて、
それを考えたことが一度でもあるのだろうか。

ひょっとしたら、日々の多忙さに追い立てられて
そんなものを考えたことは一度たりともないのかもしれない。
だが、そんなことではマスコミが
仕事として成り立たないのではないか。

最近ではマスコミを「マスゴミ」などと揶揄する言葉も
多々耳目にする。
しかしながら、彼らマスコミ人は、恐らくそのような揶揄に
理路整然と対抗する手段を持ち得ないのではないか。
なぜなら、彼ら自身がマスコミとは何かを考えたこともなければ、
マスコミの存在意義をまともに考えたこともないからで、
そのような連中が情報を垂れ流していたりするからである。

本来、マスコミがそのような態度ではいけないのだが・・・。
posted by KAZZ at 20:30 | 島根 🌁 | Comment(0) | TrackBack(1) | マスコミ・メディア
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

皮肉なジャーナリスト宣言CM
Excerpt: 執拗なまでに関テレのあるある大事典問題を追及する朝日。これは偏向報道以外の何物でもない。もっと国民にとって大事な事件を追及するのが大新聞の役目だろうに。 自社カメラマンの記事盗作問題で、ジャーナ..
Weblog: かきなぐりプレス
Tracked: 2007-02-10 10:23
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。