2007年03月14日

政治的にお目出度い我が国ニッポン

10議員が光熱水費百万超、中井氏は架空1070万(讀賣新聞)


いやはや・・・。

開いた口は塞がりそうにない。

政治に金が必要なのは百歩譲って仕方がないと思うことにしても、
こんなせせこましいことまでされて、そんな主張をされるのは
金輪際御勘弁願いたいと思う。

政治にいったいどんな金がどれぐらい必要で、
それによってどれだけのことが可能なのか。
政治家は全く提示してくれない。

我々一般の国民や企業が納税をする場合には、
税務署の指導の下に事細かに書類を揃えることを要求され、
ケツの毛羽まで開示させられる(と言うと、やや語弊はあるが)のが
通例だというのに、政治家にはそんなものが必要ないという。
適当に言い逃れることだって可能だ。
事実、農林水産大臣の松岡某は
そうやって逃げおおせようとしているではないか。
他の連中だって恐らく松岡と同じ手で
逃げきろうとでも思っているのだろう。

こんな連中のために我々は納税しているわけではない。
使途を明示できるものは、我々が納税の際にそうするように
やはり内容をしっかり明示できるようにしないといけない。
それこそ、少額の領収書から何から全部添付して
照会があった時にはそれをしっかり出せるようにしないと
国民から厳しく信を問われる事態になる。

しかし、当の国会議員様御一行は、そうしたことに乗り気でないらしく、
あまり積極的な議論をしようとしないようである。
何だか、国会議員にバカにされているようで悔しいではないか。

ここ最近、特に政治サイドの透明性が求められているのに、
未だにこんなことが罷り通っているのだから、
この国は政治的に相当お目出度いのかもしれない。

そして、そのお目出度さがあまりにもバカバカしくて、
ますます政治に興味をなくす国民が続出した場合、
政治に関わる連中は如何に責任を取ろうとするのだろう。
たぶん、自分たちのせいではないと頬被りをして
現状を批判したふりをして議論を忌避するだけだと思われる。

やっぱり、この国の政治は相当にお目出度いのかもしれない。
posted by KAZZ at 19:37 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治(政治家)
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。