2007年03月16日

虚構にさようなら

さて、Livedoorの前社長、堀江貴文に判決が出た。

堀江被告、懲役2年6月の実刑判決…直ちに控訴(讀賣新聞)

堀江としてはよほど意に添わない判決だったようで、
直ちに控訴し、更に弁護人が判決を批判した。

意外な判決、と怒りあらわに堀江被告弁護人(讀賣新聞)

判決は多くのテレビ局で放映されたらしい。
私も仕事の合間にチラッとだがそれを見た。

堀江判決でも“テレビジャック”…各局特別番組で速報(ZAKZAK)

そしてその言い渡しはと言うと、
何やら出来の悪い三文芝居の様相であったようだ。

厳しい断罪、堀江被告「体調悪い」と一時退廷(讀賣新聞)

こういう裁判だからどうなのか、
手紙まで持ち出して説諭して見せ場を作る裁判官というのも
何かこう裁判のショーアップばかり気にしているようで
正直ウンザリさせられてしまう。

そして、公判途中に一時退席してしまう堀江もまた然り。


みんなして堀江貴文という人物に振り回されることを
未だにやっているというこの状況は、いったい何なのか。
揃いも揃ってつきあいのいい連中ばかりではないか。
いつまで堀江流の虚構につきあえば気が済むのだろう。
とっととそのような虚構と別れを告げるぐらいのことが
どうして彼らにはできないのだろうか。

堀江が率いていたかつてのLivedoorが
会社経営ごっこみたいなものでしかなかったことは、
既に明白になっているというのに、
その堀江を未だに「時代の寵児」やら「風雲児」やらの
大人物じみた扱いしかできないというのは、
この国が未だにそういう虚構を何処かで容認していることの
証左の1つと考えてもいいのではないか。

堀江らの裁判を機に、この国の経済界はかかる虚構と別れを告げ、
よりリアリティのある企業経営を求められていたはずではなかったのか。
また、それらを見守る投資家たちも同じように
虚構ではなくリアリズムに則った投資をするのではなかったか。

このような空疎な騒ぎを見るにつけ、
どうもこの国は、斯様なお伽話を今も好んでいるようであり、
その主人公の1人である堀江を、だからこそ未だに
大々的に取り上げて注目しているのだろう。

いつまで経ってもかかる虚構とさようならができないようでは、
この国の将来が非常に不安になる。
posted by KAZZ at 20:25 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | ライヴドア
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36122730
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

堀江被告に実刑 懲役2年6月
Excerpt:    今日(3月16日)の話題と言えばこれでしょう。    懲役2年半の判決は、
Weblog: taki-log@たきもと事務所
Tracked: 2007-03-17 17:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。