2007年03月23日

偉そうにすればいいというものでもない

安倍首相:「安倍語」に変化 逆質問倍増、官僚言葉は減少(毎日新聞)


要するに、安倍は必要以上に偉そうにすることで
威厳を強く出したい
んじゃないかと思える。

口調や表現が変わってきたというのは
自分に明らかに欠落しているものを
無理矢理取り繕って見せようと思っている
からこそであり、
そうでなければ発言の傾向が変化したりしないだろう。

ただ、所詮ボンボンの考えることはその程度のものらしく、
単に偉そうなイメージが増しただけで、
依然として言葉に説得力が付いているわけではない
安倍は努力の方向性を明らかに間違えている

今の安倍が最も大切にすべきは、
そんな自身のコメントの方向性を変化させることではなく、
如何に多くの国民を納得させる政策を打ち出し
且つそれを如何に平易に伝え、そして実行できるかであり、
そういった努力がなされないまま言葉の使い方だけを変化させたって、
あまり意味がない
と思うのだが・・・。

お坊ちゃんの考えることは、本当にわからないものである
posted by KAZZ at 19:41 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治(政治家)
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。