2007年04月16日

中川昭一の言い分はよくわかる

中国外交は「極めて非常識」=「中華思想」と批判−自民政調会長(Yahoo!JAPAN/時事通信社)

この記事をとりあえず、全文引用してみる。

 自民党の中川昭一政調会長は15日、都内のホテルで講演し、日本から昨年秋に安倍晋三首相が訪中したのにもかかわらず、中国側はトップの胡錦濤国家主席ではなく、温家宝首相が訪日したのは「外交上極めて非常識だ」と厳しく批判した。
 中川会長は「日本のナンバーワンが行ったのに、中国のナンバー3が来るというのは外交儀礼から言って、おかしい」と指摘。中国側の考えは「中華思想」であり、外国指導者の訪中に関して昔の「朝貢」のような感覚を持っているのではないかと語った。共産党総書記である胡主席は党内の公式序列首位だが、温首相は第3位とされている。

(上の記事から引用)


中川昭一の言い分としては、
昨秋日本がナンバー1である首相を訪中させたのに、
今回の中国は序列第3位である温家宝を寄越したのはおかしい、
とするものであるようだ。

言われてみれば確かにそうかもしれない。
なるほど、中川の言い分は対等な関係を求めるという意味では
正論中の正論と言っていいだろう。
つまり、中国はそういう意味からも日本を見下している、
というように、中川からは見えたのかもしれない。

中国が日本を下に見るのは別に彼らの勝手なのだが、
そんなことをしても何の利益も得られないことを
中国はどうしてもっと真剣に考えないのだろう。
たかが日本と小馬鹿にしていては何の利益も得られないばかりか、
却って損失が増大するであろうことぐらい
ちょっと考えれば予想がいくらでもつくではないか。

外交的に失礼という以前に、中国には外交センスが
実は欠乏しているのではないかと考えた方がいいのかもしれない。
だから、あのような人物しか寄越せないのだと。


・・・それにしても、「氷を溶かす旅」とか言って、
実際には「氷」など何一つ溶けてもいないのに
国会でした演説をほぼ一様に絶賛したばかりか、
あまつさえそんな人物のところに平気で詣でてしまう
日本の一部の政治家連中は
いったい何を考えているのだろうか。
有名人、例えば韓流スターに群がるおばちゃんみたいな
ミーハー根性しかないのかと思ってしまう。

なるほど、これでは中国に見下されるはずだ。
posted by KAZZ at 20:06 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外政治
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38922166
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。