2005年05月30日

当人に自覚がないとは、淋しいもんだ

選挙違反で連座制が適用されて議員辞職した国会議員が、
自治体の長を決める選挙に立候補しようとしたとする。
皆さんはどう思うだろうか。

そんなバカなことをするような人間はいないだろうと思っていたが、
宮城県にはそんな奇特な人間がいるというから驚く。
衆議院宮城2区から2000年の選挙で初当選、2003年に再選した
民主党所属(当時)の鎌田さゆり氏がその人である。
鎌田女史は、民主党支持労組が起こした選挙違反事件に絡んで
この違反についての連座制が適用されたことを受けて
昨年(2004年)12月に議員辞職した身だ。
このような立場になると、同一選挙区、つまり衆院宮城2区からの
5年間の立候補禁止が申し渡されるのだが、
それ以外の選挙には立候補することが可能であり、
そういうことから今回の出馬が言われているようだ。
本人もやる気らしい

と、文章にするのは簡単なことなのだが、
私は鎌田女史が何を考えて立候補したいと思っているのかわからない。
立候補の暁には民主党を離党するそうだが、
彼女にはしかし「民主党」の3文字が嫌でもついて回る。
まして本人主導かどうかはともかく「選挙違反」に絡んだ身である。

そういう立場の人間が、議員辞職をしてから1年もしないのに
他の選挙にのうのうと立候補をするというのは
一体どういう了見をしているのだろうか。

だいたい連座制に付帯する立候補禁止事案も甘すぎる。
同一選挙区からだけでなく、公選法が適用される他の選挙においても
5年間の立候補禁止を適用しなければならない。
そうでなければ「選挙違反への責任」に対する公平性が損なわれる。
その意味から、こうしたケースが出てくることに対して
某かの批判が必ず出てくると思われる。

それにしても、民主党というのはこういう事例を何とも思わないのか。
そしていくら本人が離党するとしても、こういう前例を出さないために
鎌田女史を止めようとしたりしないのか。

できるわけがなかろう。
有権者の意思を無視しての国会審議拒否を平気でやれる政党である。
そのようなことなど、何とも思っちゃいないのかもしれない。
posted by KAZZ at 19:11 | 島根 ☀ | Comment(4) | TrackBack(1) | 国内政治(選挙)
この記事へのコメント
大阪もさっさと太田は辞めて欲しいと思ったり・・・。
いっそ↓こいつに知事をやって欲しいと思ったり。(なんとか知事選にも出ている泡沫候補です)
http://www.geocities.jp/tono_hideyoshi/index7.html
Posted by 佐倉純 at 2005年05月31日 00:22
>佐倉様

秀吉さんはよく話題の知事選に顔を出してる人ですね。
私は好きですよ、ああいう人。
選挙運動もなかなか派手らしいです。
Posted by KAZZ at 2005年05月31日 01:04
はじめまして。
私もまったく同感です〜。
この話を聞いた時にはびっくりしちゃいました。
今さらですが、トラックバック打たせていただきました。
Posted by ぐうたら主婦 at 2005年06月20日 14:40
どうも初めまして。

このあと、民主党についてエントリをするんですが、
どうもあの政党というのは最近何かを勘違いしているようで、
本気で政権を取りたいのかどうかもわかりません。
困った政党ですよ。

で、当の鎌田女史は立候補を表明したわけですよね。
何をお考えなのやら・・・。
Posted by KAZZ at 2005年06月20日 19:46
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4014058
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

仙台市長選挙
Excerpt: 我が家は夫婦揃って選挙が大好きだ。 国政選挙の日なんて朝からワクワクしてしまって 酒を飲みながら深夜まで選挙速報を楽しむ。 選挙当日までは自民と民主の議席数を予想して楽しむ。 ちなみにダンナは結婚する..
Weblog: 食べて、見て、そしてぼやく
Tracked: 2005-06-20 14:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。