2007年05月14日

2千円札

2千円札、なぜ使われない?…日銀に8割の7億枚眠る(讀賣新聞)

私は会社で経理の仕事をしている関係で、お金を扱う機会が多い。

1万円札、5千円札、1千円札。
この辺はよく使う紙幣である。

・・・が、2千円札となると、あまり使用しない。

支払いの時などに差し出すと
珍しがられてしまうことがしばしばある。

プライヴェートでもそこまで利用したことがない。
コンビニの銀行ATMでたまに目にする程度である。

更に言うと、使い込まれた2千円札というのを
私はほとんど見たことがない。
ごく稀に目にすることはあるが、だいたいはピン札か
それにきわめて近い状態の程度良好な札しか見たことがない。

何故そこまで2千円札というのは迫害される・・・
・・・もとい、利用されないのだろう。

やはり、利便性が最大の問題なのかもしれない。
何しろ、自動販売機で利用できないのは大きい。
ATMでは使えるようになってきたが、
自動販売機の対応はあまり芳しくないようである。

せっかくの紙幣も、使われなければ意味がない。

日銀や政府は、もっと2千円札の利用価値を広くアピールし、
利用してもらい、流通量が広まるように努力しなければならないが、
こうまで不人気だと、いっそ廃止した方がいいのではないか
という意見も出てきそうな気がしてならない。

さて、2千円札の今後の行方はどうなる?
posted by KAZZ at 19:59 | 島根 | Comment(4) | TrackBack(0) | 国内事件・社会
この記事へのコメント
2千円札は長野に来てから数回手にしましたが、千円札と混ざってると使いにくいというか数えにくいのでいつも真っ先に使っちゃいます。トランプのジョーカーみたいな感じですね。
Posted by ボッケニャンドリ at 2007年05月15日 17:54
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%90%88%E8%A1%86%E5%9B%BD%E3%83%89%E3%83%AB

米ドルには「20ドル」紙幣とかありますし、
その意味では使い慣れってのもあると思うんですが、
いかんせん日本ではちょっと馴染みが薄い分類ですからね。

普通に利用するのも
なかなか難しそうな気がします。
Posted by KAZZ at 2007年05月15日 22:54
お久しぶりです。「侍り社・人文研究所」のKijokazuです。
コメントは初めてですが、ブログは拝読し続けております。
私も最近、ブログを中心とした更新態勢に移行しました。

日本人にはソロバン的な計算感覚が染み付いているため、
二は馴染まないのではと個人的には考えています。
これは地域振興券と並んで、効果の薄い政策でした。
Posted by Kijokazu at 2007年05月20日 21:44
確かに、2千円札を渡すと
あまりいい顔をされないケースもあります。
「2」という位取りは
よほど普段から定着していないと
難しいような気がします。

便利は便利なんですけどね。
Posted by KAZZ at 2007年05月21日 22:06
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。