2007年05月16日

他人の意向も慮れない自由民主党

参議院選挙も近づいてきて、各党とも動きが活発になってきた。

そんな中で昨夜見たのがこんなニュース。

参院選:自民、東京選挙区にテレ朝・丸川珠代アナを擁立へ(毎日新聞)
テレ朝アナウンサーの丸川珠代氏擁立へ 参院選で自民(朝日新聞)

「おいおい、また人寄せのためのパンダ候補か?」
などと思っていたら、今日になってまた
とんでもない人物の名前が自由民主党から出てきてしまった。

カズ擁立で最終調整 自民、参院比例区で(朝日新聞)

カズとは、三浦知良である。
御存知のように、現在Jリーグ1部の横浜FCに在籍する、
日本を代表するサッカー選手の1人である。

丸川は出馬を受けたいらしく、テレビ朝日を依願退職したそうだが、
カズは今も現役であることに固執し、
あまつさえ日本代表復帰にも意欲を見せている

そして、そのことは多くの人々によく知られている

よって、カズがこの程度のオファー如きで
現役引退するわけもない
のだけれど、
そんなカズの意向を全く無視する形で、
客寄せパンダ扱いで立候補させようなどと
自由民主党の偉いさん連中は思ったらしい


その結果、どうなったかというと・・・

参院選:カズ、自民党のオファー断る(毎日新聞)
カズ、自民党のオファー断る 夏の参院選(朝日新聞)
三浦選手、参院選出馬報道に関しまして(横浜FCオフィシャルサイト)

オファーを出す以前の問題で、
こんなものはちょっとリサーチしていれば
すぐにわかる話
というものである。

それなのに、自由民主党がその強力なブランド力で誘えば
いくら現役に固執するカズであろうとも
その座を離れて政治家に転身するだろうなどという
実にクソふざけた論理でオファーを出したに違いない


カズの意向など全く無視して出馬オファーを出すほどだから、
恐らくそれで正しいのだろうと思う。

かかるふざけた論理で他人の意向にも配慮せず
オファーさえ出せば誰でも受け入れてくれるだろうなどと
安直に思っている政党が、今の与党第一党なのである。

こうなってくると、最早情けないのを通り越して、
呆れてしまうお寒い現状
を見たような気がする。
posted by KAZZ at 20:24 | 島根 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | 国内政治(選挙)
この記事へのコメント
 そのクソふざけた論理で出したオファーで喜色満面になった女子アナもいるわけだし、そんな候補に投票する有権者も多いからそういうオファーを止める気は無いんでしょうねぇ。
Posted by ボッケニャンドリ at 2007年05月17日 14:23
まあ、選挙時分になると毎度毎度のことなので
こっちも何と言っていいのかわかりませんが、
政権政党がこの程度の意識しか持っておらず、
なおかつそんな政党に投票しちゃう人が
少なからずいるということからして、
トホホだなあと思ってしまいます。
Posted by KAZZ at 2007年05月17日 19:40
お久しぶりです。「侍り社・人文研究所」のKijokazuです。
今後もコメントができればと思っています。

私もサッカーファンとして、愚かとしか言いようがありません。
完全にカズの気持ちとサッカーを馬鹿にしていますよ。
Posted by Kijokazu at 2007年05月20日 21:57
お久しぶりですね。

カズの一件は、自由民主党の視野の狭さを
まざまざと見せつけてくれました。
怒るでもなく、淡々とジェントルに対応したカズとは
エラい違いだと思います。
Posted by KAZZ at 2007年05月21日 21:59
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/41992107
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。