2007年05月30日

自分の株を下げるのが好きな民主党

党首討論、きょう開催=首相、松岡氏の密葬参列せず(Yahoo!JAPAN/時事通信社)

民主党というのは、どうも自分で自分の株を下げる行為が
大好きで大好きで仕方がないらしい。

敵方の事情にある程度配慮してこそ、
その党の器の大きさとなりそうなものを、
民主党は自らの器の小ささをアピールしたいらしい。

いくら政治とカネやら年金問題やら
追及しなければいけない事項があったとしても、
現職大臣が亡くなって、その葬儀ともあれば、
内閣の首班が顔を出すのは当然のことである。
しかもその大臣は自由民主党に所属しているのだから、
自由民主党総裁としても葬儀に出なければなるまい。

そのような事情も酌み取ることができない民主党というのは
いったい何なのだろう。

度量の大きさも見せられないとは、情けない。
こうやって、自分の株を下げるのが好きな彼らは
今夏の参院選でも恐らく大して躍進できないだろう。
posted by KAZZ at 19:39 | 島根 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 国内政治(政党)
この記事へのコメント
私は↓の記事を見て、言葉は悪いが当を得ている思いました。
こうしている間にも泣いている人がいるのだから国会を優先するべきと思います。

http://ameblo.jp/cm-macandpac/entry-10035157972.html
Posted by ヘタレな小市民 at 2007年05月30日 20:21
そういう見方もあるのですね。
参考になりました。
Posted by KAZZ at 2007年05月31日 01:11
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。