2005年06月17日

おまえらアホかいな

国会は茶番劇を演じるのが大好きな人々の集まりらしい。

今国会の会期延長を狙って与野党が
「駆け引き」という名の茶番劇をやっている。
議院運営委員長の解任決議案などという
くだらないものを民主党や社民党が出し、
案の定、とっとと否決された
ようである。

結局、55日間の会期延長は決まりそうなのだが、
それにしてもバカバカしい話ではないか。
「おまえらアホか」と連中に言ってやりたくなる。

そもそも、郵政民営化などというものは
喫緊の必要があって行われるものではなく、
単純に小泉純一郎という人気だけはある政治家の
個人的な意志の反映として行われようとしているに過ぎない。
彼の取り巻きは喜んでそんな茶番を進めようとしている。

野党はそれを論理的且つ合理的に阻止すればいいものを
(例えば自民党内にいる反対派をうまく丸め込んでみたり)
審議拒否などというくだらない戦術に出て
これまた茶番をせっせとやっている。

どいつもこいつも真面目にやる気がない。
こんな連中を選んでしまった我々有権者が恥ずかしく思うほど、
(中にはそう思わない人もいるのだろうが)
このところの国会は茶番の連続である。

郵政民営化なんかより、他にやるべきことは多々あり、
実際にそちらの方にマンパワーを向けるべきなのだが、
そもそも首相自ら郵政民営化の先頭に立って
くだらない奮闘努力を続けている体たらくでは、
国会議員に何らかの期待を抱くことすら不可能であろう。

似合っているのかいないのかわからない
クールビズだかいうファッションで
国会を闊歩するこいつらの頭の中を
一度本気で覗いてみたく思う。
posted by KAZZ at 19:30 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治(その他)
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。