2007年06月15日

小ネタで行ってみよう

というわけで、今回は小ネタ3題。


【1】:結局、猪瀬は受諾

 一昨日の続報。

 作家・猪瀬直樹氏を副知事起用へ、石原都知事が発表(讀賣新聞)
 「国全体のため東京の力必要」=副知事受諾の猪瀬氏が抱負(Yahoo!JAPAN/時事通信社)

 猪瀬大先生、結局は引き受けたようで。もちろん、この後に都議会で承認されなければ正式に副知事にはなれないが、それにしても、国に対するネゴシエーター役を猪瀬にやらせようというのは、どういうことなのだろう。
 まあ、石原としては、自分以外にも論客を用意することで、国に脅しをかけたいとでも思っているのかもしれないが。


【2】:珍しいケース

 公明・福本議員が離党届、参院選の公認漏れに不満(讀賣新聞)

 公明党からこういう議員が出るのも珍しいような。まあたぶん、この福本なる議員には、よほど自分の仕事に自信があったのであろう。それが認めてもらえず公認を外されたことに不信感を覚えてのことかもしれない。


【3】:誰でもいいんだねえ・・・

 自民、丸山弁護士を比例選で擁立へ…首相が直接出馬要請(讀賣新聞)

 「丸川」の次は「丸山」か・・・。

 政権与党がまた、随分と節操のないことで・・・

 出馬要請はこれからのようだが、この節操の無さでは、そのうちまた別の「隠し玉」でも探してきそうな気がする。さて、丸山和也弁護士の返答や如何に。
posted by KAZZ at 19:47 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治(その他)
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。