2005年07月06日

郵政民営化の犠牲になった重要法案

郵政民営化法案について2日連続で書いた。
だが、本当に重要な法案は他にも多くあって、
それらはしかし、郵政民営化法案ばかりがクローズアップされる中、
そっちのけにされてしまった
。主なものを挙げてみる。

・国会議員の議員年金
・シベリア抑留者への補償
・パート労働者の権利拡充
・難病患者対策
・その他多数

どうやら国会議員の皆さんは、
郵政民営化のことで相当頭がいっぱいなようで、
他の重要なことなど頭の片隅にすらないのではないか。
これでよく国会議員の仕事ができるものだ。
彼らは特定の法案の議論を促進するためだけに
国民の負託を得ているわけではないだろう。

なぜ多くの重要法案や課題が山積している今の状況において、
郵政民営化法案だけが特別扱いされなければならないのか
どんなに考えてみても、郵政民営化法案に緊急性は感じられないのに、だ。

私が思うに、小泉純一郎以下国会議員の連中全員は、
よほど他の重要とされる課題についての意識がなく、
且つ見た目にセンセーショナルな法案を議論することによって
どういう形であれ脚光を浴びたいという意識だけが
頭の中に巣くっているからこそ、他の重要事項そっちのけで
郵政民営化法案を100時間超も審議した挙げ句、
アホらしい暗闘を経て衆議院を通過させたのだろう。

いやはや、日本の国会議員先生様御一行は
首相以下、本当にお目出度い皆様方ばかりだ。
こんな連中が司る政治が日本をダメにしているというのに、
何の意識改革もせず、漫然と旧態依然とした権力闘争
(と言うのも憚られるほど幼稚な争い)に明け暮れ、
ろくに国会議員としての責務も果たそうとしない状況で、
一方的に自分たちの政策とやらを押しつけようとするだけ
しかもそれを政治家の本道だと思い込んでいる。

あんたらはバカですか?

ふざけるのもいい加減にしてもらいたい。

このままでは、日本は本当にダメになってしまう
まあ、そうなったらなったで、与野党の別なく、
今の国会議員連中全員に均等に責任を取ってもらえばいい
posted by KAZZ at 19:25 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治(その他)
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。