2004年09月06日

もう勝手にしてください

先日来、急速に現実味を帯びてきた感のある
プロ野球選手会によるスト権行使が、確実な情勢となった
言うまでもなく、理由はオリックス・ブルーウェーブと、
大阪近鉄バファローズの合併問題に端を発する、
球界の縮小再編に抗議するためだ。

一方で、横浜ベイスターズの峰岸球団社長は、
ストライキによって球団が損害を被れば、
選手会相手に損害賠償請求を起こす考えを述べた


いったいこの人たちは、何が楽しくて泥仕合をやっているのか知らないが、
こんなことをしていたら、ファンに見捨てられて当然ではないか。
経営者連中がどうしようもないのは明白な事実だが、
選手会も同じぐらいどうしようもない
そういう連中の、実にくだらない争いである。
双方とも、よほど頭が足りないとしか思えない。

私はかねてから、これまでに球団経営者側が何度も失策をしているのに、
選手会がファンの情に訴える方法論しか取らなかったことに
とても失望している。

プロ球界を現在のスタイルで維持しろということは、
当然、経営圧迫の一因となっている高額年俸の抑制について
何らかの言及があって然るべきとも言える。
ところが、選手会がこの件について述べたことと言えば、
いつぞやの会見で、会長の古田が「年俸を下げても良い」と
ポロッと口にした一言だけだった。
具体的にこれぐらいまで下げてもいい、
などということについては、話し合いすらなかったようで
一度たりとも具体的な数字が口にされることはなく
また、マスコミもそうしたことを訊こうとすらしなかった

これで大真面目に「スト権行使」を口にするのだから、
彼らはいい気になりすぎだと思う。

スト権行使に消極的な球団の選手たちに配慮して、
ひとまず9月中の土日のみの行使を決めたらしいが、
配慮すべき先が根本的に間違っているだろう。
今回のように、プロ球界の現状維持を要求するのであれば、
当然、その要求を突きつける先のNPB側に対して、
それなりの譲歩案も同時に提出するのがスジというものだ。
現に選手会側にも年俸額の突出という問題があるのだから、
ここに手を突っ込まずに物事を進めようとは、笑止千万だ。

選手会は、プロ球界の現状維持のために
自分たちがどれだけ譲歩できるかを早急にとりまとめて、
経営者連中やNPB側に示す必要がある。
それがなければ、彼らが叫ぶ合併阻止・縮小再編反対の声を
誰も真摯に受け止めてなどくれないだろう。

正直、経営者も選手会も、私に言わせれば、
どっちもどっちの非常に低い次元で揉めている
こんな連中に翻弄される「野球」というスポーツが、
何だかとても可哀相だ。
posted by KAZZ at 20:17 | 島根 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | 国内事件・社会
この記事へのコメント
と、本文には書いたわけだけれども、
では実際、プロ野球選手は、
球団とどういう関係にあると考えるべきだろう。
球団から毎年給与をもらいながら
野球選手としての仕事をする、
つまり「雇用」されていると考えるべきか、
球団から参稼報酬を受ける見返りに
野球の技術という役務を提供する契約を結んでいる
「個人事業主」と考えるべきなのか。

ちなみに、私自身は、スト権そのものに懐疑的だ。
なぜかと言えば、話は非常に簡単で、
プロ野球選手は「労働者」ではなく、
「個人事業主」的な性格の職業だと思っているためだ。
Posted by KAZZ at 2004年09月07日 00:29
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。