2005年08月03日

辞めたければお辞めなさい

最近、ろくに名前を聞かない森喜朗が、
自身の派閥の長の座を降りるのだと言い出した
何でも、例の郵政民営化法案によって自民党員が苦しんでいるらしく、
参院の法案採決の状況如何で小泉が解散を言い出した場合、
そういった状況では派閥の長の座にあることができないらしく、
それで辞任を言い出したようである。
もちろん、法案可決で政局が沈静化すれば、辞任云々はどこかに行くのだろう。

それにしても、つまらない駆け引きである。

だいたい、衆院解散すれば自民党の負け戦になるなどと
何故今の段階で断言できるのか。そっちの方が不思議だ。
そう思って弱気な派閥運営しかできないのであれば、
とっとと派閥の領袖など辞めた方が良い

仮に解散が実現したとしても、負け戦にならないようにするのが
本来の彼らの仕事ではないのか。
その役目を最初から森という御仁は投げてしまっている
そんなことで、何で自民党員が苦しんでいるなどと言えるのか
党員の苦悩にかこつけて自分の苦悩を吐露しているだけで、
そこに政治的な動機付けなど何処にもない。

まあ、個人的野望を振り回すだけの小泉に愛想が尽きたというなら、
勝手に派閥会長の座を降りればいい
ではないか。
辞めたければ辞めればいい。誰も止めないし、惜しみもしない。
posted by KAZZ at 20:03 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治(政治家)
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。