2005年08月12日

ガリレオが草葉の陰で怒り狂うぜ

郵政・ガリレオ解散」だそうである。
この度の衆議院解散を、小泉純一郎はそう名付けたらしい。
例のガリレオを引き合いに出したコメントを元にしているらしいが、
あの程度でそんな大それたことをしたら、ガリレオ・ガリレイが草葉の陰で
勝手に自分の名前を使うなと怒り狂う
に違いない。

そして、その郵政民営化は、やはりと言うべきか
選挙後の成立という形で自由民主党の選挙公約になったようで、
それに対する反対者への締めつけは厳しくなる一方だ。
如何に郵政民営化に対する小泉の執念がすさまじいかを物語る事象なのだが、
ちょっと待ってもらいたい。

そもそも小泉は彼が「改革の本丸」と位置づける郵政民営化以外に、
いったい何を改革してきたというのだろう?

単に小泉とその取り巻きが声高に「郵政、郵政」と騒いでいるだけで、
実はそれ以外の改革は、どこかに打ち捨てられているのではないのか?

郵政改革なくして、何の改革ができるのか」と国会答弁で強弁した小泉だが、
この答弁の裏を注意深く読み返せば、
自分が最も興味を持ち野望として掲げる郵政民営化ができなければ、
他の諸改革に手をつける意思などない
という意思表示をしているのと
実はまったく同じ
ことなのだ。

つまり小泉は、自由民主党は改革政党であるなどと吼えておきながら、
その実、郵政民営化ができなければ他の改革などやる気がないのである。
もっと言うなら、小泉は郵政民営化以外の改革何の興味も抱いていない

そうでなければ、他の重要諸法案の審議を途絶えさせてまで
衆議院を解散する
などという暴挙に出たりしない
し、
郵政民営化反対論者(まあ、これらにもピンキリあるが)に対して
露骨な意趣返しなどしない

こんなことを許容したら、議会政治はその体を為さなくなる

結局、下手に権力を持ってしまった人間の大いなる勘違い、であろう。
郵政民営化という改革の議論自体は大いにやるべきだし、
本当に民営化した方が良いと思うのであれば、それはそれで進めるべきだ
しかし、郵政民営化などというものは、数多ある改革の中の
ほんの一握りにしか過ぎず
、しかもそれは小泉純一郎という政治家の
単なる野望の具現化として一気に進んでいるだけ
に過ぎない。
それなのに小泉は、郵政民営化こそが改革の本丸であるというような
ミスリードを執拗に繰り返した
挙げ句、
その法案に対する国民への説明責任をほとんど果たさぬまま
それを自分たちが敗北した際の逃げ道にさえしようとしている

それが仮にも一国のトップがやることか?
国会は一政治家の宿願を果たすためだけの場ではないし、
衆議院はそのようなことのために私物化されるような場ではない
そんなことも理解できない総理大臣なら、
この際なのでとっととお引き取り願えないだろうか

日本国民は小泉純一郎の玩具でもリトマス試験紙でもない

小泉憎しでしか結集できない郵政民営化反対派も、
対案1つ出せないくせに政権政党気取りの民主党も、
その他泡沫同然の政党も、みんな情けなさ過ぎる
こんな子供以下の政治家に振り回されているのだから。
posted by KAZZ at 20:21 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(2) | 国内政治(その他)
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

ハレンチカンカン!?10000円 わーショック!
Excerpt: ダジャレですよ。ダジャレ。 ダジャレでもかかないと、やってられない。 大阪市が、過去に官官接待で、ひとり10000円の弁当を出してたらしい。 10000円ですよ、10000円。 これ、ノーパンしゃぶ..
Weblog: 日本国初代大統領を目指せ!
Tracked: 2005-08-13 01:27

小泉政権の評価
Excerpt: 以下の拙文は内田樹氏のブログ「内田樹の研究室」の最新の記事「靖国というコントローラー」へのコメントとして書き込んだものです。なかなか面白い視点だなあと感心して書いているうちに、長さがどんどん長くなって..
Weblog: 言語学研究室日誌
Tracked: 2005-08-17 12:25
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。