2005年08月21日

もう笑うしかない

いやはや、政治家の皆さんは本当に面白い方ばかりだ。
私みたいな凡人の想像をはるかに超える
トンデモな発想
をぶつけてみせるそのセンスたるや、
素直にごめんなさいするしかない

新党「日本」とかいうのができたらしい。
ついこの前できたばかりの「国民新党」と同じく、
郵政民営化反対(というより、反小泉)論者の連合体なのだが、
その代表が田中康夫だという。
言うまでもなく、長野県知事である。
しかも、田中は衆院選には立候補せず長野県知事を辞めないという。

結成メンバーは立候補しない田中を除いて4名。

代表代行 小林興起(前自民衆院)
副代表  青山 丘(前自民衆院)、滝実(前自民衆院)
幹事長  荒井広幸(前自民参院)

記事は以下。

毎日新聞記事 / 讀賣新聞記事 / 時事通信記事 / 共同通信記事

いやもう、ただひたすら笑うしかない
何なのだ、この素っ頓狂な事態は。

そりゃまあ、確かに田中康夫はそれなりに名前は通っているだろうが、
御存知のように、疑惑の渦中にあり百条委員会でそれを審議されていて
なおかつ県民からの支持もどんどん低下中である。
大笑いするしかないのは、このような人物しか引っ張り出せなかった
「日本」という名の自称「都市型新党」の連中の見識
であり、
衆院選に出馬しない代わりに、代表の座を約束させることで
自称「反小泉論客」として中央政界への色気を見せようとする
もはや長野県のことなどどうでも良い自称「改革派知事」の了見
である。

所詮、どうしようもない連中のところには、
どうしようもない人間しか寄ってこない

しかし、いくら何でもこれは酷すぎる。
鷲沢清一長野市長が「県のことを考えているのか?」と
田中の姿勢を批判している
が、鷲沢市長でなくとも
良識ある長野県民であれば、こうした批判は当然するだろう

立候補する4人はともかく、最大の問題は田中康夫である。
だいたい、彼はこの新党に参加する以前の問題として、
それまで再三連携してきて、その政権構想においては
大臣の地位までもらった
はずの民主党に、
この事態をどう説明する気なのか
いやまあ、陰で小沢一郎がどうこうと言われてはいるが、
それは所詮オフィシャルな動きではないのだから、
こうなった以上、当然何らかの仁義を切るはずではないか。
それもせずに、こんなところにのこのこしゃしゃり出て、
新党の代表でございと言い切れる
とは・・・。

さすが、何かにつけて注目を浴びようとする精神だけは
そこらの政治家並みに溢れかえっているような御仁
だ。
(そして、主張だけはするわりに何もしないことでも政治家並み
こんなことに振り回される長野県民が可哀相になる

だいたい、あれだけ「県民益」だの「改革」だの言ってきておいて、
その実、何もしていないことの方が圧倒的に多いばかりか、
ろくな説明責任すらこれまで果たしたことがないくせに、
どの口で「日本を変える」だの「説明責任を果たせ」だのと言えるのか

自分のことは棚に上げて、とはまさにこのこと
そんな御仁の説く「改革」などうまくいくわけがない

そんなに中央政界に色気があるというのなら、
どうぞ長野県知事をとっとと辞職していただけないか

そして、二度と長野県知事になろうなどと思わないでもらえないか

ともかく、だ。
このようにお話にならない御仁を担ぎ出すような
実にお話にならない連中が演じてみせた
茶番劇とも呼べない猿芝居
である。
こんな子供だましに引っ掛かっては、馬鹿を見るだけだ。

悪いことは言わない。
こういう連中は「国民新党」なる連中も込みで
まとめてお引き取り願えないだろうか

世の中、こんな連中を相手にするほどヒマではない

そもそも有権者は、
彼らが思っているほどバカではない。


そんなことも理解できない彼らに未来などない
posted by KAZZ at 22:57 | 島根 ☔ | Comment(4) | TrackBack(1) | 田中康夫長野県政
この記事へのコメント
KAZZさん、思わぬところでお久し振りです!
忘れられてしまったかも。。。(笑
田中康夫が党首に成った!などと言う、まさかに慌ててKAZZさんのHPに顔を出しましたら、ブログを開設していらしたのですね。(メデタイ!)
最近はもう康夫ちゃんにはほとほと笑わせてもらってますが、とっとと知事を辞職してもらいたいものです。
またこちらへ寄らせて頂きます。
ランキングもポチっと応援しておきます!
Posted by ウイッチ at 2005年08月22日 00:15
もちろん忘れてなどおりません。
お久しぶりです。

もはやブログの方がメインだったりしますが。
コラム書こうとか思っても、
結局ブログに書いてしまうことになるもので・・・。
サイトは半ば過去ログ感覚で残してあります。

実は私、昼間野暮用をこなしておりまして、
この祭にはかなり乗り遅れたような気がしてます(笑)

でも、あれですよ。
康夫ちゃんはたぶんまだしばらくは知事職を捨てないだろうと思いますよ。
都道府県知事って、一国会議員なんかよりずっと権力的には上なんですから。
そういう立場をおいそれと捨てる御仁ではないような気がします。

いつでもお越しください。
ここでグダグダやってますから(笑)
Posted by KAZZ at 2005年08月22日 00:27
はじめまして。
国政選挙が何だか面妖なことになっています。
私の選挙区でも(造反区でもないのに)もう何がなにやら。
私は関西人ですが、個人的に田中さんの新党結成はしない方がよかったのではと思います。
Posted by YOSHI at 2005年08月22日 21:30
どうも初めまして。

確かに今回の選挙は、
どこもかしこもわけがわかりませんですな。

うちの選挙区だって負けちゃいませんよ。
なんたって国民新党の幹事長がいますから。
これに竹下登の弟がいたりしますし。
そういえば民主党や共産党が候補を立てているようですが・・・。

で、田中新党ですが、選挙後まで生き延びていられるとは、
私にはとても思えません。
むしろこの新党の選挙後の動向が見物ですよ。
Posted by KAZZ at 2005年08月22日 21:46
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

総選挙・兵庫6区(その2)
Excerpt: 今回の選挙の特色として、既存のメディアが情報源として殆ど機能していないということ
Weblog: 道楽者の徒然日記
Tracked: 2005-08-22 21:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。