2005年08月26日

足立美術館について

いつも選挙だ政治だと書いていると時々頭がパンクしそうになるので、
今回に限り、少し趣向を変えてみる。
私には似合わない話題かもしれないが、少々おつきあい願いたい。

島根県の東端に安来市というところがある。
昨秋に市町村合併で少々広くなった。
東隣は鳥取県米子市、北側には中海があり、
ドジョウ掬いでお馴染みの安来節と製鉄業で知られる。

そのやや奥まった場所に足立美術館という美術館がある。
1970年秋開園というから、今年で開館35周年だ。

Yahoo!地図 1/75,000 1/8,000

その足立美術館には1万3千坪という広大な日本庭園があり、
来館者の間でも非常に評判が良いそうだが、
このほど、アメリカで刊行されている日本庭園の専門誌
ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」誌が
最も優れた日本庭園として3年連続で足立美術館の庭園を選出したそうだ。
京都の桂離宮などの名だたる庭園を抑えての名誉ある1位だ。

もちろん、本来は美術館であり、
横山大観などの作品が所蔵されていることでもつとに有名なのだが、
今やその庭園が横山大観作品と並ぶ最大の売りで、
この庭園目当てに訪れる観光客も多いようである。

私にとっては直接の地元ではないが、
しかし、世界に誇れるこういう庭園があることは
とてもいいことだと思っている。

ぜひ皆さんも、山陰に御旅行の予定がお有りなら、
一度この足立美術館に足を運んで、その美しい庭園を満喫していただきたい。
心洗われること請け合いだ。

なお、お出かけの前には、↓も御覧いただきたい。

足立美術館公式Webサイト
島根県安来市による足立美術館紹介ページ
posted by KAZZ at 20:58 | 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他の話題
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。