2005年09月07日

ハコもの行政と同じこと

些か乗り遅れ気味の話題になるが、御容赦願うとする。

長野県は、コモンズ支援車なるものを計画しているという。
耳慣れない名前のこの自動車、何を目的とするものかと言えば、
山村部を中心に稼働し、平時は地域の相談窓口の役割を果たし、
非常時には機動性を有し、且つ堅調との連絡手段を有する
1つの臨時的災害対策本部の役割を果たすもの
らしい。

と、そこまでは至って真っ当な目的に思われるのだが、
そこに起用されるのが、8人乗りのワゴン車だという。
これに、パソコン衛星携帯電話とそのアンテナ
発電機などを搭載し、長野県内各地方事務所に配備し、
主として山村部の住民サービス向上を目的に使われるとのこと

そして、この車をどういうわけなのか御丁寧に塗装したいらしく、
その塗装費が86万9千円もかかる
のだという。
ちなみにそうした塗装費も含めての価格は1台につき約580万円
5台ほど発注するので、計約2千9百万円なんだそうだ。

それはいいとして、この約87万円もの塗装費というのが、
どうにもよくわからない代物
であった。
6月の長野県議会でこの件についての補正予算案が上程された際、
この算定根拠について議員から訊かれたものの、うまく回答できず
塗装の方法等についても何らうまく説明できなかった

そのため、この予算案は結局通ることはなかった

それでこの話はお終いなのかと思ったら、
9月の長野県議会において、再び補正予算案を上程するらしい
内容を精査して、という但し書きはつくらしいのだが、
本当にそうなるのかどうかは予断を許さない


信濃毎日新聞記事 / 毎日新聞記事

詳しくは上の2件の新聞記事を御覧いただくとして、
この件についての最大の問題は何かというと、
当初の補正予算案で計上されていた塗装費の予算根拠は何で、
その塗装の方法はどういうものなのか、
またその車に果たしてそれだけの塗装が必要なのか、
必要であるならその根拠はいったい何なのか、
といった点が、何ら明らかになっていないこと
に尽きる。

つまり、塗装費の問題に限らず透明性を欠いた予算根拠を
無理矢理に押し通そうとしている
可能性がある、ということだ。

1台につき87万円弱も塗装にかけようとするならば、
よほど特殊且つ豪華な塗装になることが予想される
のだが、
そうした説明は6月議会では何一つなされなかったそうで、
しかも予算根拠の一種となる塗装のデザインすら未定だったらしい。
これでは予算など付くわけもない
デザインすら決まってもいないものに金など出せないのは当然だ

結局、「内容を精査して」再提出となりそうではあるが、
何をどう精査するのかはまったくわからない
恐らくこの分では、その「精査」とやらも形式的なものに終わりそうだ

なお、塗装の内容だけでなく車種選定に関しても疑問は残るが、
それはこちらのブログで手厳しく追及がなされているので割愛する。

ともかく、1つだけ確実に言えることは、
初期の田中康夫がよく批判していたハコもの行政と何ら変わりないこと
彼は平気な顔でやろうとしていること
であって、
そこには結局、長野県民にとって如何なる実利も存在せず
ただ「田中康夫」というネームヴァリューの向上だけを狙った
無意味な行為の正当化しか存在しない
ということだ。

結局、改革だの何だのと息巻いている田中康夫自身が、
実は最も改革からは縁遠い存在であると自白しているかの如き
こうした行為
に、誰も諸手を挙げて賛同などしない
だろう。
posted by KAZZ at 00:19 | 島根 ☔ | Comment(2) | TrackBack(1) | 田中康夫長野県政
この記事へのコメント
こんにちわ。脱「田中康夫」宣言ネットワーク というサイトを運営している者です。無
断で申し訳ないですがこちらのサイトにリンクしました。よろしく。


脱「田中康夫」宣言ネットワーク -北国tv
http://ch.kitaguni.tv/u/8550/
Posted by 江藤 at 2005年09月09日 20:06
どうも、初めまして。
先程ヒグマさんのブログ経由で拝見しました。
こちらからもリンクをしておきましたので。
今後ともよろしく願います。
Posted by KAZZ at 2005年09月09日 20:55
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

◆必要性のない郵政民営化・解散の選挙費用。地方自治体職員の給与を支給しないことは違法??
Excerpt:  今回の小泉解散問題について、地方議員としての精算をしようと考えています。 2005.9.11(衆議院総選挙の投票日に当たって) ◆地方公共団体(自治体)は、国政選挙の執行を手伝うことが義務づけられ..
Weblog: てらまち・ねっと
Tracked: 2005-09-13 19:39
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。