2004年09月27日

何だかよくわからない人選ですね

第2次小泉改造内閣のメンバーが決まった

1内閣1閣僚の原則は何処に行った、
などという野暮なツッコミはしないでおくが、
それにしても、よくわからない人選だ。
いやまあ、もちろん、派閥の論理に囚われない
如何にも小泉流の人選だとは思う。

が、とりあえず「郵政民営化」だけを念頭に置いたような
目的先行型の内閣ではないか、とは思えるけれども、
これで本当に実務的な部分を取り仕切れるのか、
という部分に強い不安を覚える人選ではある。

まあ、民主党の「次の内閣」と呼ばれるものと比較しても
パッとしないという意味では大差のない内閣構成であり、
その意味では民主党も決して誇れない人選だが、
それにしても、このあからさまな「郵政民営化推進のためだけの」内閣構成に
それ以外のものを期待してはいけないのだろうか。

何か、小泉の人選を見ていると、そんな風に思えてしまう。
「郵政民営化」しかやりませんよ、という内閣に
多くはとても期待できないし、それが終われば、
この内閣は用済みになってしまう可能性が高い。

こんな無責任な人選でいいのだろうか。
posted by KAZZ at 19:25 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治(内閣・政府)
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。