2005年09月13日

終わりの始まり?

民主党は、御存知のように今回の衆院選で大敗を喫した。
その体たらくは、思わず同情したくなるほどですらあった。
落選者の名前を見ていると、納得のいくような御仁もいれば、
「この人が?」と思わず目を疑うような御仁までいる。

前者の代表格は鹿野道彦、石井一、米沢隆というようなあたりで、
後者の代表格は藤井裕久、中野寛成、中山義活らを挙げられよう。
幹事長の川端達夫ですら比例での復活にこぎ着けるのが精一杯だった。

責任を取って岡田克也代表が辞意を表明している中、
これぐらいの壊滅的な状況になれば、
後任の代表選出は相当に難航しそうな気がする。

その見込みを複数の新聞記事が物語っている。

民主党:新代表選出は17日の両院議員総会(毎日新聞)
民主、後継代表選び着手 20日までに決定方針(産経新聞)
民主党、17日の両院議員総会で新代表選出へ(讀賣新聞)

産経は若干日にちがずれているようではあるが、
基本的には17日に行われる両院議員総会での選出という線が濃厚らしい。

それぞれの記事中から候補として名前が挙がっている人物を列挙してみる。

菅  直人前代表(産経・毎日・讀賣)
小沢 一郎副代表(同上)
鳩山由紀夫元代表(同上)
野田 佳彦「次の内閣」財務担当(毎日・讀賣)
前原 誠司「次の内閣」防衛担当(毎日・讀賣)
河村たかし衆院議員(讀賣)

これらのうち、事態の重さに鑑みて名前が挙がったのが
菅・小沢・鳩山の3名
のようだが、
鳩山に関しては代表就任に消極的との観測もある模様だ。
一方、若手や中堅層からは野田・前原の2名の名が出ているらしい。
ただ、彼らも彼らで選挙戦で苦戦している。
残る河村は出馬の意向を持っていると記者団に発言したそうだ。

まあ、恐らくはこの6名のうちの誰かになるのだろう。
緊急登板ということで、任期は岡田の残り分、
つまり来年9月までとなるようだ。

とまあ、それはそれでいいのだけれど、
根底から民主党の存在意義を否定されたに等しい現状において、
ベテランにせよ若手にせよ、ショートリリーフと言うよりは
敗戦処理に近い仕事
を率先して引き受けようとする人物が
果たして民主党内には存在するのだろうか
河村議員のような例外は、きわめて稀だと思われる。

そもそも、結党以来ろくな挫折を経験してこなかった彼らが、
初めて味わう屈辱にも近い挫折
である。
その事態にオロオロしているようでは、彼らのお先も暗い。

だいたい、それまで上向きのイメージしか描いてこなかった彼らが、
小泉をナメていたが故に旧態依然とした対応しかできず
また状況判断力も低下してしまったがために、
無用のドタバタを繰り返した挙げ句、
有権者に不安感を植え付けてしまった


何と言っても、あの小泉に「抵抗勢力」呼ばわりされたことが、
彼らのダメージを格段に大きくしてしまった
おまけに郵政民営化反対派vs自民党の刺客という
きわめて単純に図式化されたムード
で選挙戦が進み、
民主党の存在感は完全に埋没してしまったと言っていい。

こうなったら、もう徹底的に小泉に対するヒール(悪役)
演じるしかない
のではないか。
もちろん、ただヒールを漫然と演じるのではない。
今までのような国会への臨み方を一切打ち捨てて、
とにかく議論に参加する
ことだ。審議拒否なんて以ての外
その種の姑息な手段を使うようでは何ら進歩がないと思われ、
更なる有権者離れを招く
結果しか招かない。
ならば徹底的に議論に参加し、議論を戦わせることが必要だ。
重箱の隅をつつくような議論になろうとも、
とにかく国会審議を徹底的にやる
積極的に議論に応じる姿を見せていくしかない

なんだ、そんな当たり前のことを今更、と思うかもしれないが、
そんな当たり前のことをしてこなかったツケが
今回の選挙でまるまる回ってきてしまった
以上は、
国会議員としての原点に立ち返って
裸一貫で出直すぐらいのことをしなければダメだ


とはいえ、今の民主党にそこまでやれる勢いがない
次の代表選びで波風が立ってしまうようなら、
その時点でこうした戦術も一気に頓挫するであろう

民主党はまさに正念場に立たされている
もっとも、次の代表選びで不穏なムードが漂いかけている今、
正念場にいることを明確にイメージできている議員が
いったいどれぐらいいるのか
。もしそれが少ないようなら、
民主党はその看板を畳まざるを得ないのかもしれない。

自由民主党が(たとえ表面的にとはいえ)変革のイメージを出せたのだ。
民主党にだってできないはずはない・・・と断言できないあたりに、
二大政党制を標榜してきた民主党の行き詰まりを感じてしまう

どうやら終わりの始まりが近づきつつあるような気がする。
posted by KAZZ at 02:09 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(3) | 国内政治(政党)
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

衆院解散と言う名のテロ
Excerpt: 11日の衆院解散総選挙は自民の圧勝で終わり 国民が小泉首相の郵政民営化ただ一つだけを支持した 形となり自公連立で全体の3分の2以上の議席を 獲得し正しく歴史的な勝利を収めた事になる 僕は今回が..
Weblog: 芸能&スポーツ瓦版
Tracked: 2005-09-13 07:00

民主党の次期代表は小沢?管?鳩山?
Excerpt: 「民主党の次期代表は小沢?管?鳩山?」に関するブログ記事から興味深いものを選んで...
Weblog: ブログで情報収集!Blog-Headline
Tracked: 2005-09-14 13:23

前原新体制が正式スタート 憲法調査会長に枝野氏
Excerpt:  民主党は20日午後、両院議員総会を党本部で開き、前原誠司代表、鳩山由紀夫幹事長ら新役員と 原口一博郵政改革担当相ら中堅、若手を中心とする「次の内閣」メンバーの人事を承認し、前原新体制が正式にスタート..
Weblog: 買ってはいけない東急リバブル・東急不動産
Tracked: 2005-09-21 00:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。