2005年09月14日

何とも恥ずかしき人々

何らかの理由で、当初に取っていた態度とは
違う態度を取らざるを得なくなるということが、
我々の人生にはよくある。
本当にやむを得ない理由で態度を変更するのなら、
これはもうその人を責めてみても仕方がない。
その人にはそういう事情があるのだと諦めるしかなかろう。

だが、この連中には、
果たしてそのような感情を抱けるのだろうか。

中曽根氏ら11人賛成 郵政法案で旧亀井派(産経新聞)

中曽根弘文博文以下11名(自由民主党から離党した1名を除く)
郵政民営化法案反対票を投じた元亀井派参議院議員御一行様
は、
この度、正式に同法案に賛成の意向を明らかにしたそうだ。
中曽根曰く「国民の明確な意思を重く受け止め尊重したい」とのことだが・・・、

・・・こいつらは恥ずかしくないのか?

特に中曽根こいつはもうダメだ

何のために反対票を投じたのか。何のためにその意思表示をしたのか。
そんな決意も覚悟も一発で反故にできるような政治家など、
信頼に値しない
と考えられるのは当然の話だ。
この一件で、中曽根以下11名の元亀井派参院議員御一行様は、
政治家にとって最も大切な要素である信頼感を一気に失った

もはやこのような連中など、誰も相手になどしないだろう。

まあ、よくよく考えてみれば、あれだけ先鋭化した反対論者でありながら、
1名を除いて自由民主党を離党すらせず、ずっとその中に留まり続け、
選挙の結果を見て怖じ気づいた挙げ句
「やっぱり賛成します」などとやるような腰抜け連中である。
端から信頼などする方が間違っているのかもしれない。

(9/15追記と訂正)
当初の記述で、中曽根弘文氏の名前の字を間違えていました。申し訳ありませんでした。
posted by KAZZ at 20:45 | 島根 ☔ | Comment(2) | TrackBack(1) | 国内政治(政治家)
この記事へのコメント
 さすがは風見鶏の息子、というのが第一感。彼にすればコイズミのやり方に納得出来なかったと言ってたから、ここで翻意するのは全く問題無い、ということでしょう。
Posted by ボッケニャンドリ at 2005年09月15日 11:41
中曽根も問題ありますが、もっとダメなのが野田聖子でしょうね。
あの選挙前の勢いはいったい何だったのかという。
そんなに自由民主党ブランドっていいもんなんでしょうね。

これなら落城しない平沼の方がはるかにマシですよ。
Posted by KAZZ at 2005年09月15日 20:59
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

考えがぶれる人
Excerpt: <img src="http://hottaworld.com/photo/PHM08_0529.JPG" width="140" heigth="50" align="left" hspace="10"> 岐阜1区で、郵政民営化に反対して無所属で戦った野田聖子氏、賛成派の佐藤ゆかり氏を破って当選。今度の国会では、賛成票を投じると言う。郵政民営化に反対して野田氏に投票した人の民意はどこに。自民党は野田氏..
Weblog: Hotta World:: 「活・喝・勝」
Tracked: 2005-09-15 17:40
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。