2005年09月16日

前原誠司vs菅直人

とりあえず、民主党の新代表を選出する選挙には、
前原誠司菅直人がそれぞれ出馬することになったようだ。
小沢一郎は、名前は取り沙汰されたが出馬しないようである。

正直、どっちが勝っても次なる民主党の明確なイメージは湧かない。

前原はよく保守的だと評されるそうだが、
それには「民主党の中では」という枕詞がつく。
現在の「次の内閣」では防衛庁長官の地位にいて、
自らのグループを率いる若手のリーダー格の1人だが、
活発だと言われるわりにイメージが薄い民主党の若手を象徴するかの如く、
全国的な知名度は小沢・菅・鳩山らに比べて格段に落ちる

菅は、まあもう皆さんよく知ってのとおりである。
社会民主連合という、覚えている人の方が少ないであろう泡沫政党の出身で、
厚生大臣時代には貝割れ大根を喰ってみせるパフォーマンスをやり、
今では自分の息子すら選挙で当選させられない人物だ。
影響力など推して知るべしというものであろう。
(あの息子自体に問題があるという言い方もできるが)

ともかく、実質はこの2人での選挙戦となる。
前原はともかく、菅が勝つと「ああ、またか」と思う人が出そうだ。
この「ああ、またか」が曲者だと私は考える。
民主党は先祖帰りをしてイメージを刷新した振りだけをしている
という印象を与えかねない

それが本当に民主党にとって利になるのか

これならまだ前原の方が(菅よりは)マシだと考える人もいるだろう。
ただ、その前原にしたって明快なヴィジョンは見えない
何せ菅に比べれば決定的に知名度が低い。
テレビなどにはよく出ているのかもしれないが、
彼らのお喋り本気で聞こうとする人などいないだろう。

結局のところ、誰を選んでも大差ないということになりはしないか。

どっちにしても、寄り合い所帯のまま、大した政策の摺り合わせもせず、
何となく選挙に勝ち、何となくここまで来た民主党

初めて経験すると言っていいほど重大な試練の場にしては、
些か緊張感が足りないように見えるのは、気のせいだろうか。

・・・ところで、出馬するのしないのと言っていた
河村たかしは何処に行ったのか?
posted by KAZZ at 19:54 | 島根 ☀ | Comment(3) | TrackBack(2) | 国内政治(政党)
この記事へのコメント
毒舌論評、全部的を射ているので反論のしようがない。畏敬!
Posted by 色川喜理 at 2005年09月17日 15:16
ありがとうございます。
こういう文章でもお褒めいただくのは嬉しいものです。

かねてから思ってるんですが、
民主党はこういう政党だ、というイメージが
党の側から打ち出せていないんじゃないでしょうか。
今までならそれでも良かったんでしょうが、
この度の選挙で自由民主党が確たるものを打ち出したことが、
逆に民主党自身の曖昧さを露呈する結果になったような、
そんな気がします。
Posted by KAZZ at 2005年09月17日 22:51
で、代表選挙は結局、前原氏に軍配ですか。

民主党、どうなるんでしょうね。
Posted by KAZZ at 2005年09月18日 02:25
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

自公とつるむ優等生野党なんかいらないだろ
Excerpt: 民主党は、自民党とは異なる価値観に基づいて自民党とは異なる改革を目指す。これだろ。党内の敵対派閥を叩いて「改革の先駆者」を自称する小泉政権に協力しつつ、改革を推進するなら自民党より民主党の方が優秀です..
Weblog: びんごばんごBlog
Tracked: 2005-09-16 21:42

総理をねらう男 河村たかし 出馬断念
Excerpt: "たけしのTVタックル"等でおなじみの民主党河村たかし氏が17日に実施される民主党代表選挙への立候補の準備をしていました。 しかし、立候補に必要な国会議員20人の推薦人を集めることができず、残念なが..
Weblog: こちら中小企業総務部
Tracked: 2005-09-18 19:59
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。