2005年09月23日

深みとは無縁

田中康夫が長野県知事になって、もう5年にもなるが、
田中が議会とまともに議論をしようとしたことは
多くの人が指摘してきているようにほとんどない

田中の答弁の多くははぐらかし誤魔化し
あるいは意味のない自画自賛であり、
それにつきあわされる県議会議員の大部分においては
まったくもってお気の毒と言うしかない

心底御同情申し上げたい

ところで、9月定例長野県議会が始まったそうだが、
田中は行政サービスの向上などという謳い文句を掲げたらしい

このフレーズ、どこかで聞いたことがあるなと思ったら、
現衆議院議員の岩國哲人(民主党)が、
島根県出雲市長時代にこれを言い出し、
ほとんど何も達成しないまま、ケツをまくって逃げた
ことを思い出した。
(だからといって、現任の出雲市長が優れているわけではない

岩國の場合、木製ドーム球場などというハコものを造った挙げ句、
市民カードなどという、住基カードに結局取って代わられたばかりか、
そもそも周知徹底がうまくいかず、何の役にも立たなかった代物

無理矢理に導入して失敗に終わったり、
(恐らく、市民の1割も持っていなかったと思われる)
市内のJR駅名を2つ変更したものの、ろくなケアをしなかったため、
1つに関しては駅名を再変更する羽目になった
、なんてことがあった。
評価できることより評価できないことの方が圧倒的に多く
最終的には東京都知事選出馬(1995年)のためと称して
出雲市から逃げた
。そんなことなので、評価はきわめて低い

私が田中に手厳しいのも、元はと言えば
一住民としてこういう人物を見てきたからだったりするが、
それにしたって、今更わかりきったような行政サービスの向上など
よく恥ずかしげもなく持ち出せるものだと思う。
そのようなことは、そもそも知事就任後のごく初期から
少しずつ準備をし、実現していくことではないのか

脱ダム宣言などの無駄なスローガンに血道を上げつつ、
センセーショナリズムだけを追い求めてきた結果
が、
現状として表出していることに、何の反省もない

それは、三度「木製ガードレール」を持ち出して
信州モデル」などと嘯く
様子からも感じ取ることができよう。
国から補助がつくからとか、そういう問題ではない
既に二度も県議会で否決されている話である。
何の必要性があって、それを持ち出すのか

また、例の新党日本代表職との兼任問題に関しても、
のらりくらりと適当なことを言い募るだけで、
これではそれらを聞いた県議会議員が呆れるのも無理はない

産廃処理場問題というのもあるそうだが、
これにしたって、何か無用なドタバタをやっているらしく、
阿智村という村が、無責任無計画な長野県に振り回されているようだ。

一方、連休明けにも田中康夫自身の証人尋問が予定されている
百条委員会
に関しても書いておこうか。
件の尋問については、問題をクリアにすべく行われるようだが、
例によってのはぐらかし誤魔化しなどで、
うまく言いくるめられないことを切に望みたい
一応、証人の偽証や事実の認証に関しては
多数決にて行うことが確認されている
が、
核心をつかずに逃げられるような真似だけはしないよう、
きめの細かい尋問になると良い
と思う。
その意味で、連休明けの百条委は一つの正念場と言えそうだ。

ともかく、田中康夫の長野県知事として5年目の秋は、
これまで以上に寒々しさだけが身に染みる
であろう。
もっとも、それは田中康夫自身に由来するものであるが故に、
田中はそれを黙って受け入れるしかない
posted by KAZZ at 21:28 | 島根 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 田中康夫長野県政
この記事へのコメント
岩國さんの批判は地元の土木建築関係から出ています。岩国さん以外の市長は地元業者から批判が出ていません。

岩国さんは地元業者との癒着関係がなかったため、ひとつの失敗を100倍して宣伝されていますね、世間に広まっているほどひどい市長じゃなかったですよ・・・
Posted by 零 at 2005年09月26日 14:29
>岩國さんの批判は地元の土木建築関係から出ています。岩国さん以外の市長は地元業者から批判が出ていません。

これ、どうなんでしょうね。
業種どうこう以前に、悪く言う人は言いますよ。
逆に西尾さんに否定的な土木建築関係の人だって、
私はいると思ってますが。

>岩国さんは地元業者との癒着関係がなかったため、ひとつの失敗を100倍して宣伝されていますね、世間に広まっているほどひどい市長じゃなかったですよ・・・

いや、これもどうかと。
そこまで針小棒大に言われてるわけじゃないと思うんですがね。

いずれにせよ、私としては岩國氏をあまり評価してません。
Posted by KAZZ at 2005年09月26日 19:45
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。