2005年10月18日

靖国参拝ぐらいでガタガタ言いなさんな

小泉首相が靖国神社に参拝したことを巡って
中韓がゴチャゴチャ言うのはいつものことだが、
そこにニューヨークタイムスまでが参戦してくるというのは
何かこう奇妙な話に思えてならない

以下、Yahoo!で拾った時事通信記事を全文引用してみる。

靖国参拝は「無意味な挑発」=戦争犠牲者を侮辱と批判−NYタイムズ(時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051018-00000097-jij-int

<引用開始>

 【ニューヨーク18日時事】小泉純一郎首相の靖国神社参拝について、18日付の米紙ニューヨーク・タイムズは「無意味な挑発」と題する社説を掲載し、「首相は日本軍国主義の最悪の伝統を公然と奉ずる挙に出た」などと厳しく批判した。
 社説は「靖国神社は韓国や中国および東南アジアの大部分に非道なつめ跡を残した日本の暴虐を鼓吹している」などと指摘し、参拝は「日本の戦争犯罪により犠牲となった人々の子孫を意図的に侮辱するもの」と断じた。


<引用終了。なお太字・赤字部分は引用者による>

それをあんたたちが言うなよ、などと思いたくなる。

日本にも戦争の犠牲者というのは少なからずいる。
直接戦地に赴いたりして亡くなった人もいれば、
国に残って空襲などで亡くなった人もいる

そうした犠牲者は、犠牲者ではないのか?

そんなはずはないだろう

如何なる形にせよ、戦争が原因で亡くなったことには違いない
そうした人々を祀ることの何が悪いのか
そうした人々の霊を慰めることの何が悪いのか
先人の思いを引き継いで大切にすることの何が悪いのか

アメリカの人々だって、例えばアーリントン墓地のような
戦没者を祀る場所に参拝するだろう。
それを日本が批判したりしたことがあるか?
そんなバカな批判など、日本はしない
なぜなら、日本に限らず、何処のどんな国においても
先人たちの奮闘努力があって、今の社会があるのだから。
そのことに思いを馳せることをせず、一面的な見方に依拠して
こうした批判をするのは明らかに筋が違う
ことだし、
ましてそれをアメリカが言い出すのはおかしいだろう。
彼らはどれだけ無辜の犠牲を生み出してきたのか。
特に原爆投下あれは本当に必要なことだったのか

ニューヨークタイムスに怒ってみても仕方がないのは承知の上だが、
こんなバカなことを書かれるのが情けない
右傾だの左傾だの、そんな記号論的な話ではない。
それは要するに、日本人としての信念の話なのだ。

先人たちが通ってきた道に大いなる敬意を表しつつ、
日本が新たな戦争の火種になってはいけないという思いを誓うために
靖国神社に詣ることは、「日本軍国主義の最悪の伝統」なのか?


それは絶対に違う

軍国主義なる悪しき伝統から脱却し、平和と安寧を希求しながら
様々な試行錯誤を繰り返しつつ今日までやってきた日本
は、
これからもそうした試行錯誤の積み重ねと共に、
真の平和と安寧を求める国家として歩を進める
だけだ。
本来、靖国神社に参詣するということは、
先人たちの霊を慰めるという一面だけでなく、
そうした思いを改めて誓うためのもの
でもある。

間違っても軍国主義を懐古するための行為ではない
それを理解できないというのは、途轍もない不幸と思う。
posted by KAZZ at 23:37 | 島根 ☀ | Comment(3) | TrackBack(3) | 国内政治(その他)
この記事へのコメント
靖国の本殿には「国に残って空襲などで亡くなった人」など誰一人祀られていませんよ。

「如何なる形にせよ、戦争が原因で亡くなったことには違いない。そうした人々を祀ることの何が悪いのか。そうした人々の霊を慰めることの何が悪いのか」というのなら、小泉は本殿だけではなくせめて鎮霊社(靖国の神域にはありますが神道概念上靖国とは別の社です)の前にもぬかづかなきゃ首尾一貫しませんぜ。

靖国は本殿の祭神差別を止めればもう少しいい神社になるんですがねえ。本殿祭神を軍人・軍属に限って居るうちは「軍国主義を懐古するための装置」という批判は止まないでしょうな。
Posted by 青柳 洸 at 2005年10月19日 08:07
自己レスです。

>誰一人祀られていませんよ。

不正確な表現でした。

>「(略)」“のうち無慮数万と亡くなった民間人”は誰一人祀られていませんよ。

“”内を追記します。
Posted by 青柳 洸 at 2005年10月19日 08:10
>青柳様

>「国に残って空襲などで亡くなった人」など誰一人祀られていませんよ。
>>「(略)」“のうち無慮数万と亡くなった民間人”は(以下略)

私は、そういう人は「犠牲者ではないのか?」とは書きましたが、
それらの方々が靖国神社の本殿に祀られているとは一言も書いていません。
言葉足らずで誤解を招いたのだとしたら申し訳ないです。

>小泉は本殿だけではなくせめて鎮霊社(靖国の神域にはありますが神道概念上靖国とは別の社です)の前にもぬかづかなきゃ首尾一貫しませんぜ。

引用されてた部分ですが、
私は私の考えであのように書いたけれども、
小泉の考えは違うのかもしれません。
本当のところはどうなのかわかりませんがね。
Posted by KAZZ at 2005年10月19日 19:07
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

靖国は中国共産党への贈り物?
Excerpt: 靖国は中国共産党への贈り物 もし、中国民が中国の厳しい内政問題に注目しない為、中国共産党は抗日プロパガンダを使ってナショナリズム(民族主義)を高めているなら その抗日プロパガンダを立証よう..
Weblog: 色・色
Tracked: 2005-10-19 04:40

突然の意図された靖国参拝2
Excerpt:  予想通り、中国と韓国が小泉首相の靖国参拝に反発してきたが、反日運動はそれほど盛り上がっていない。日本大使館に対する抗議行動も、人が多ければ中にはこんな人もいるだろう、くらいしか集まっていない。4月に..
Weblog: 外交のファンタジスタ
Tracked: 2005-10-19 07:09

靖国問題を考える(2)
Excerpt: どうせまたそのうち行くんだろうなぁ??と思ってましたが、やはり行きましたね。小泉首
Weblog: Johnny style!
Tracked: 2005-10-27 17:05
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。