2004年10月18日

レベル低いっすねえ・・・

いつまでも「政治とカネ」などという低レベルな問題で揉める我が国。
今日も今日で、こんなものが見つかったそうだが、
もう、ええ加減にしなはれ、と言いたい。

いっそ、こうしたらどうかと思う。

・政治家個人及び団体は必ず会計責任者を雇い、厳正な会計処理に務める。
・帳簿やバランスシートは、在職期間中は必ず6ヶ月に1回公表。
・献金は、常に期日・相手先・金額を明示できるようにする。
・第三者による外部監査を年に1度、必ず受ける。
・現金の授受は10万円未満。それ以上は一切例外なく禁止。
・現金授受の場合は、必ず領収証を発行し、議員辞職時まで保管する。
・政党宛に受けた献金を、議員個人に与えてはならない。
・また、政党の資金管理団体を通じた議員個人への献金も厳禁する。
・上記各号が遵守できない場合は、政治資金規正法違反による処罰の対象となる。

まあ、簡単に書き出してみたが、
こんなものは元来、当たり前にできなければならないことばかりであり、
今更こんな形で明文化すること自体、恥ずかしい

日本の政治家は「お金」に対して、少々頓着がなさ過ぎる。
概して与党議員にそういう傾向が多々見られるが、
野党議員にしたって決して対岸の火事ではいられない問題だろう。
ことに、秘書給与を詐取し流用したなどと盛んに言われたような
某政党あたりにしてみれば、耳が痛すぎてかなわないのではないか。

ともかく、こんなレベルの低いことをいつまでも論じ続けることで
肝心の政策論争をどこかに置き忘れるなどということがないよう
全ての国会議員及び地方議員は、肝に銘じてもらいたい。
posted by KAZZ at 20:11 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内政治(その他)
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。