2005年10月31日

恥ずかしき最後の(?)小泉内閣

第3次小泉改造内閣なんてのができたようである。
以下、その陣容をまとめてみた。

第3次小泉改造内閣(黄色地は留任者)
ポスト名閣僚の氏名
内閣総理大臣小泉 純一郎
総務・郵政民営化担当竹中 平蔵
法務杉浦 正健
外務麻生 太郎
財務谷垣 禎一
文部科学小坂 憲次
厚生労働川崎 二郎
農林水産中川 昭一
経済産業二階 俊博
国土交通北側 一雄
環境・沖縄北方担当小池 百合子
内閣官房長官安倍 晋三
国家公安委員長・防災担当沓掛 哲男
防衛庁長官額賀 福志郎
金融・経済財政担当与謝野 馨
規制改革・行政改革担当中馬 弘毅
科学技術・食品安全・IT担当松田 岩夫
少子化・男女共同参画担当猪口 邦子


猪口と安倍の名前が目立つ程度で、
拍子抜けするほど新味のない人選だったりする。

ちなみに、自由民主党の執行部も人選が決まった。
幹事長の武部勤と、総務会長の久間章生がそれぞれ留任し、
中川秀直国対委員長が政調会長に、
細田博之内閣官房長官が国対委員長になったという、
単なる手抜きの人事異動のような決まり方だ。

新聞辞令で名前が挙がっていた福田康夫は、
閣僚にも党幹部にも名前が挙がらなかったため、
ポスト小泉とは見なされなかったと思っていいようだ。
というより、どこから福田の名前が出てきたのかが不思議だ。
昭和の黄門の息子が平成の黄門になれるとは限らないのに。

そういう福田を除いたポスト小泉をそれなりの役につけて
改革方針を競わせる狙いがあると一般的には言われる内閣改造だが、
要するに政治家の自己満足感を顕示したいがための
改革ごっこに御執心なだけの内閣
であって、
一般社会の日常のことはどうでもいいということなのだろう。
改革に名を借りた権力闘争を煽ってそれを喜びつつ
次の首相に対しても隠然たる影響力を持とうという
陰湿きわまりない考え方が生んだ内閣
という言い方もできる。

このおよそ1年弱しか実働しないことが確実な内閣に、
期待できるものは何もない
と思う。
改革競争に名を借りた権力闘争が行われるだけのみみっちい内閣に、
山積する諸問題が解決できるとはとても考えられない。

こんな内閣の成立を許したことを、我々は恥じなければなるまい。
政治家のごっこ遊びにつきあわされる国民の立場など、
ああいうお歴々にはわかるわけもない

政治家は選挙に勝ったら何をやっても良いわけではないのだが・・・。
posted by KAZZ at 19:39 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(3) | 国内政治(内閣・政府)
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック

第3次小泉改造内閣誕生
Excerpt: ある程度予想できた顔ぶれと言っていいかもしれませんね。ただ、やっぱり麻生氏の外務大臣と、安倍氏の官房長官にはビックリしましたが・・・ 人気blogランキングへ
Weblog: ネットでザクザク稼ぐ方法教えますブログ
Tracked: 2005-11-01 00:27

幕引き内閣
Excerpt:  小泉政権の最後の内閣が発足した。小泉首相の予告通り、後継者と目される人物には重要ポストが割り当てられた。まず、官房長官を拝命した安部晋三氏だが、内閣の顔になったことで、ポスト小泉の最有力候補に踊り出..
Weblog: 外交のファンタジスタ
Tracked: 2005-11-01 01:27

2005/10/31(月) 麻垣康三さんの行方。
Excerpt: 第3次小泉内閣が発足。 「ポスト小泉」と目される麻垣康三さんは、次の通り就任。  「麻」生太郎・前総務相        → 外務大臣  谷「垣」禎一・前財務相        → 財務大臣(留..
Weblog: Beach Park 浜村直之徒然日記
Tracked: 2005-11-01 05:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。