2004年11月01日

あなた任せの「最善」

人質救出に「最善」を尽くした、と小泉首相は言う。
結局、殺害されてしまった香田証生氏の救出に際して、
小泉は「最善」を尽くしたと公言した。

本当にそうだったのか。

一番の問題は、こういった事態においての
日本政府の情報収集能力がきわめて貧弱であるということが、
この事件で思い切り暴露されてしまったことにあるのではないか。

何せ、アメリカ頼みである。
その情報に結局は翻弄され、マスコミの誤報を生じさせる原因にもなった。
遺体発見の情報は、頼みのアメリカからではなく、
イラクの政府からもたらされている。

アメリカに何でもかんでも頼んでおきながら、
それを以て「最善を尽くした」などという嘘っぱちは、
止めた方が良くないだろうか。
posted by KAZZ at 19:55 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外事件・社会
この記事へのコメント
コメントを書く
※いただいたコメントは必ず拝読しております。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。