2007年03月16日

虚構にさようなら

さて、Livedoorの前社長、堀江貴文に判決が出た。

堀江被告、懲役2年6月の実刑判決…直ちに控訴(讀賣新聞)

堀江としてはよほど意に添わない判決だったようで、
直ちに控訴し、更に弁護人が判決を批判した。

意外な判決、と怒りあらわに堀江被告弁護人(讀賣新聞)

判決は多くのテレビ局で放映されたらしい。
私も仕事の合間にチラッとだがそれを見た。

堀江判決でも“テレビジャック”…各局特別番組で速報(ZAKZAK)

そしてその言い渡しはと言うと、
何やら出来の悪い三文芝居の様相であったようだ。

厳しい断罪、堀江被告「体調悪い」と一時退廷(讀賣新聞)

こういう裁判だからどうなのか、
手紙まで持ち出して説諭して見せ場を作る裁判官というのも
何かこう裁判のショーアップばかり気にしているようで
正直ウンザリさせられてしまう。

そして、公判途中に一時退席してしまう堀江もまた然り。


みんなして堀江貴文という人物に振り回されることを
未だにやっているというこの状況は、いったい何なのか。
揃いも揃ってつきあいのいい連中ばかりではないか。
いつまで堀江流の虚構につきあえば気が済むのだろう。
とっととそのような虚構と別れを告げるぐらいのことが
どうして彼らにはできないのだろうか。

堀江が率いていたかつてのLivedoorが
会社経営ごっこみたいなものでしかなかったことは、
既に明白になっているというのに、
その堀江を未だに「時代の寵児」やら「風雲児」やらの
大人物じみた扱いしかできないというのは、
この国が未だにそういう虚構を何処かで容認していることの
証左の1つと考えてもいいのではないか。

堀江らの裁判を機に、この国の経済界はかかる虚構と別れを告げ、
よりリアリティのある企業経営を求められていたはずではなかったのか。
また、それらを見守る投資家たちも同じように
虚構ではなくリアリズムに則った投資をするのではなかったか。

このような空疎な騒ぎを見るにつけ、
どうもこの国は、斯様なお伽話を今も好んでいるようであり、
その主人公の1人である堀江を、だからこそ未だに
大々的に取り上げて注目しているのだろう。

いつまで経ってもかかる虚構とさようならができないようでは、
この国の将来が非常に不安になる。
posted by KAZZ at 20:25 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(1) | ライヴドア

2006年12月15日

過去の人

メディア再登場ホリエモンの不可解(讀賣新聞)
堀江被告「日本は共産主義社会」(スポーツニッポン)

既に過去の人となってしまった感のある堀江貴文が
ここ最近、メディアにやたらと露出している。

未だに堀江自身は自分を注目の的だと思っているようだが、
もはやそう思っている人の方が少なくなったと思う。
それほど、人々の興味の移り変わりは早いものである。

あれだけ注目を一時的にドカッと浴びた堀江は、
今も自分が注目を浴びていないと納得できないのかもしれない。
しかし、今の彼が注目を浴びたところで、いったい何があるというのか。
恐らく、世間的には何もないだろう。
ついでに言うなら、堀江にとっては裁判上、あまり良くないと思われる。

・・・こんな人物を未だに追いかけなければならない日本のマスコミとは
よほど発想が貧困な連中の集まりなのかもしれない。
posted by KAZZ at 20:36 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴドア

2006年09月04日

堀江貴文という虚構の終わり

堀江被告、元側近と真っ向対決へ ライブドア事件(産経新聞)

堀江貴文の初公判があった。
やはりと言うべきか、堀江は無罪を主張したそうである。

初公判がどうであったかは他方で様々に論じられるのであろうから、
その点については割愛させてもらうとして、
今回は起業家であるところの堀江貴文が作り上げた虚構について
少し考えてみたい。
かなりとりとめのない文章になるが、何卒お許し願いたい。


堀江は、その猛烈な個性でカリスマティックな人気を得たが、
その人気を得るために、何を主眼にここまで来たのか

最たるものは、時価総額至上主義という経営方針にあったと思う。
Livedoorは、その方針に基づいて膨脹拡大を続けることで、
企業のM&Aや拡大に新たなる風を起こした反面で、
事業の中心軸が何処に据えられているのかが判別しにくい面を持っていた。
実際、Livedoorは名目的には「IT企業」と言われたが、
主な収益は金融事業で挙げていたりするなど、
名目と実態が伴っていないことでも有名だった。
時価総額を高めるために手段を選ぶことなく膨脹拡大主義を採った結果、
恐らくLivedoor社内でも、何が本業で何が傍系なのか
理解できなくなってしまった
のではなかろうか。
近鉄球団買収騒動辺りから、その辺が露わになってきたように思う。

その後に起きた、例のニッポン放送株買収に端を発した
フジサンケイグループとの融合を狙った一連の動き
は、
本業であるIT関連を充実させたいがためのこともあったと思うが、
それ以上に堀江が構築する虚構を更に膨らませようとしたのでもあろう。

しかし、これが失敗してしまった
いや、完全には成功しなかったと言うべきか。
どちらにしても、堀江以下の描いたグランドデザイン通りには
事が運んでくれなかった
ことだけは確かだ。

そして、それがダメなら政界進出だと、
自由民主党の力まで借りて選挙に打って出たものの、
亀井静香の前に一敗地にまみれる羽目になった
たぶん、堀江貴文という虚構は、
この辺りから終焉の気配を見せていた
のかもしれない。

拡大膨脹を狙うのは、企業経営者の考え方としては一理ある
だが、やはり相応に手段は選ぶべきであり、
それをしなかった堀江と(堀江主導の)Livedoor
やはり咎め立てられることにならざるを得ないだろう。

起訴は悪意に満ちたもの」と堀江は公判で主張したそうだが、
そう言い切るのもどうかと思う
確かに企業の在り方に一石は投じたかもしれないが、
その方法論が行き過ぎると日本の経済的秩序を乱すこともある
ということに対する一種の警告みたいなものだと思えば、
それが悪意に満ちた」起訴とは一概に言い切れまい

個人株主の賠償請求、総額200億円超える ライブドア事件(産経新聞)

その代償として、↑のようなことも起きている。

堀江は、彼のカリスマ性に全てを託した人々のことにも
ある程度の責任を負う義務がある

故に「悪意に満ちた」起訴だなどと毒づいたりせず、
キチンと公判に対峙しなければならない


それが一気に名を売った起業家・経営者としての
彼の責任の取り方
ではなかろうか。


最後に、結局うまくまとまらない文章になってしまったことを
重ねてお詫びしておく。
posted by KAZZ at 19:26 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(2) | ライヴドア

2006年01月18日

経団連と自由民主党に文句を言う資格などない

お騒がせのLivedoor問題について、
幾つかの関連団体から見解の発表が相次いだ。

まずは昨年9月の衆院選で広島6区から立候補した堀江貴文に
公認こそしなかったものの事実上のお墨付きを与えた自由民主党

ライブドア強制捜査、武部幹事長「遺憾の極み」(讀賣新聞)

続いて、例のニッポン放送騒動の余波で
Livedoorと資本・業務提携を結んだフジテレビジョン

ライブドアとの提携、フジTVが解消含め見直しへ(讀賣新聞)

続いて、Livedoorが上場している東京証券取引所

ライブドアに東証、説明要求…粉飾確認で上場廃止も(讀賣新聞)

最後に、昨年12月にLivedoorの入会を認めた日本経団連

ライブドアの経団連加盟容認、奥田会長が「早すぎた」(讀賣新聞)


この中でLivedoorにクレームをつける権利があるのは誰か。

私が思うに、フジテレビと東証に関しては、その権利があると思う。

フジテレビはLivedoorとの間で、決して望んでいたわけではない
ビジネスパートナーシップ
を結ばされた。
ニッポン放送の完全子会社化という目標を達成するためには
それしか選択肢がなかった
。だから、渋々提携することを引き受けた。
そうしたら、肝心のLivedoorがこのような体たらくである
これは十分にクレームの権利を有すると考えられる。

次に東証。こちらはもっと問題が深刻である。
何せ、取引全面停止などという事態までも巻き起こしてしまった。
私は株式投資をやらないのでよく知らないけれども、
たとえ一時的なことでも、取引の全面停止などというのは
相当に深刻な事態ではないだろうか。
もちろん、Livedoor問題だけが要因ではないにせよ、
事態の発端を作った責任はきわめて重いと考えられよう。

なお、一連の推移に関しては、以下4記事も参考にされたい。

株式市場大混乱(1)ライブド売れず、換金売り続く
株式市場大混乱(2)インテルの決算失望が重なる
株式市場大混乱(3)東証売買停止示唆・売りが加速
株式市場大混乱(4)短期急戻しか、企業会計に暗雲
(以上、Yahoo!JAPAN/ラジオNIKKEI)


一方、自由民主党日本経団連に関しては、
選挙で事実上のお墨付きを与えたことにせよ、
「企業倫理の勉強のため」と称して経団連入会を認めたことにせよ、
彼らが勝手にやったことなのだから、
彼らがLivedoorに対して文句を言うような権利は一切ない
それを記事にあるように文句を言い募ってみせる奥田にせよ、
見苦しいエクスキューズを並べ立てる武部にせよ、
自分たちにも責任があるという認識がまるで足りない
所詮、彼らにとっては他人事なのだ。

このような連中が日本の政治や経済の中枢にいるというのは、
ある意味、とんだ恥さらしではなかろうか。
自分たちが「やあやあ」とLivedoorの存在にお墨付きを与えておきながら、
いざこのような問題が起きたらかかる態度に出るというのは、
まさに「臭いものには蓋をする」かの如き態度であり、
政治家や企業経営者としてあるまじき態度だとは言えまいか。
そのような風潮を根絶すべく政治や企業の中心にあるべき彼らが、
結局はそうした態度にしか出られないというのでは、
日本の政治や経済への信頼感を損ねる結果にもなる

要するに、Livedoor問題の原因の一端は
実際のところ彼らにも幾らかは存在する
のであって、
それに対する思慮や反省もないままに
まるで他人事のようにしかコメントを出せないこと
こそが、
問題を更に大きくしているということに
彼らが何一つ気づいていない
のである。

こんな連中が牽引する社会とは、いったい何なのだろう。
彼らはある意味、堀江よりタチが悪いのかもしれない
posted by KAZZ at 20:32 | 島根 ☔ | Comment(4) | TrackBack(3) | ライヴドア

2006年01月16日

強制捜査ですか

証券取引法違反容疑、ライブドアを捜索(讀賣新聞)
ライブドア強制捜査:M&Aに絡む不正操作の疑いが浮上
ライブドア強制捜査:新興市場に冷や水浴びせる恐れ
ライブドア:強制捜査 自民党幹部、堀江氏に早くも予防線
ライブドア:証取法違反容疑で本社、堀江社長自宅など捜索(以上、毎日新聞)

Livedoorが風説の流布によって強制捜査を受けているようだ。

いやまあ、何と言うべきなのか。
あれだけ強引そうに見える方法で企業を買い漁っている以上、
いずれこのようなことが起きるんじゃないかと思っていたが・・・。

ともかく、今後の推移を注視する必要はありそうだ。
posted by KAZZ at 21:11 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(2) | ライヴドア

2005年04月20日

おいしいところを持って行かれて憤慨する男

ま、言うまでもなく、
Livedoor対フジサンケイグループの買収抗争における
村上世彰のことを指すわけだが。

国会に呼ばれてあれこれ不満をぶちまけてきたんだそうだ。
引かれ者の小唄とはまさにこのことを言うのだろう。
有名投資家の態度としては、いささか見苦しく思われる。

ニッポン放送の大株主として、堀江貴文の影の指南役として、
彼はこの問題でキャスティングボートを握り、
それを根拠に堂々と活躍できると思っていたに違いない。

けれども、もったいぶって発言を控えすぎたのがたたり、
主役の座からはどんどん遠のくばかり。
しかも、所有していたニッポン放送株式の多くを売ったことが判明すると、
ますます主役の立場を得にくくなってしまい、
慌てて幾つかのコメントを残すが、既に存在感などないも同然の状態。
更に「堀江の指南役」であるような報道をされたことにより、
自分が儲けることしか眼中にないかの如き言い方をされるにい至り、
彼はとうとうやってはいけない失策を2つ犯した。

続きを読む
posted by KAZZ at 20:50 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴドア

2005年04月18日

Livedoorは本当に勝ち組なのか

例の騒ぎにやっと終止符が打たれた。
Livedoor対フジサンケイグループの、仁義なき闘いだ。

詳細な内容はこちらを御覧いただくとして、
一見すると、フジテレビが不利な条件を呑まされたかの如く思える。

だが、本当にLivedoorは、今回の一件で勝ち組たり得るのだろうか。

続きを読む
posted by KAZZ at 20:19 | 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴドア

2005年04月13日

この歩み寄り機運をどう見るか

では2本目。

いやに話が急展開した印象がある。
もちろん、フジテレビとLivedoorとの一連の和解交渉についての話だ。
既に幾つかの具体的な条件も挙がっている。

1:Livedoorが買収した株式のうちの大部分をフジテレビに売却する。
(大部分ではなく、買い取り全株という話も浮上してきている)
2:第三者割当増資により、フジテレビがLivedoor株式を15%程度保有する。

フジテレビ側からしてみれば、
これ以上の企業防衛コストを捻出することは経営上得策でない上に、
一連の騒動によって企業イメージの低下も懸念されることから、
一方、Livedoor側からしてみれば、
ニッポン放送の株式が上場廃止になる恐れがあり、
それを嫌忌した株価の下落に伴う含み損を計上しなければならないばかりか、
Livedoor自身の株価も下落傾向にあり、このままでは
自社の経営基盤自体に大きなダメージが出かねないことから、
このような和解交渉の急進展があったものと考えられる。

続きを読む
posted by KAZZ at 20:22 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴドア

2005年04月08日

村上世彰など出てこなくても良い

久しぶりにLivedoorネタでも。

民主党の会合に呼ばれて出て行った、
M&Aコンサルティング、またの名を村上ファンドのボス・村上世彰。
彼はその中で、フジテレビがニッポン放送を子会社化しようとしたことを
高く評価する旨の発言をしている

ただ、TOBの価格が低かったことには不満を漏らしたとも言われている。

で、6月に行われるニッポン放送の株主総会において、
彼は例によって「株主としての筋を通す」ということで
Livedoorからの提案に、場合によっては反対することもあると言ったらしい。

続きを読む
posted by KAZZ at 20:19 | 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴドア

2005年03月30日

正気かよ?

堀江貴文って面白い人だなあ、と思う。
こういうバカを平気で、海外メディアに言えるのだから。

現状の日本のプロ野球界に「外資規制」があるのを、
この男は知っているのか、知らないのか。

で、ニッポン放送の亀淵社長とも会談したそうだが、
何の進展もなかった
らしい。当然だろう。
具体像など、恐らくほとんど何も提示していないのだろうから。

続きを読む
posted by KAZZ at 22:11 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(2) | ライヴドア

2005年03月25日

誰もLivedoorなどアテにしていない

フジテレビが、ソフトバンク系列の金融会社と手を結んだ

Livedoorもすかさず対応策の検討に入ったというが、
一方で、Livedoor株の売りは殺到しているといい、
フジテレビの逆転ヒット気配が漂い始めてきた。

正直な話、メディアとネットの融合ということに関して、
誰もLivedoorのことなどアテにしていないと思う。
だってそれはそうだ。Livedoorが口にしていることなら、
大方のキー局なり主要局は皆着手している。
今更放送とネットの融合と大見得を切られても、
「何じゃそれ?」と思うのが普通の反応であろう。

続きを読む
posted by KAZZ at 21:09 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴドア

2005年03月23日

その理由では通じません

予想通りとでも言うべきか、
高裁でもLivedoorが「勝利」した。
ニッポン放送のフジテレビに対する新株予約権発行の
差し止め仮処分申請に対する保全抗告が棄却された

結局、ニッポン放送は新株予約権の発行を取り止めた

あまりにもその数が膨大すぎたので、
恐らく棄却されるんじゃないかなと思っていたが、やはりそうなった。

ただ、高裁にせよ地裁にせよ、理由として掲げた文言が少々おかしい。
「経営支配権確保が主要目的」と、東京地裁も東京高裁も断じているが、
その根拠は何処にあるのか。
これはつまり、敵対買収を防御する手段を講じてはいけない、
という意味なのか。

確かに今回の手段は少々突飛すぎたし、問題も多いと思う。
同時に、ニッポン放送やフジテレビの対応も拙かった。
しかし、社外取締役も含めた取締役会で正式に決議された上での
新株予約券発行なのだ。その部分を考慮できないのはなぜで、
また、仮に今回は議論にもならなかったと思うが、
もしこれが、他の既存主要株主からの要請もあってのことだった場合、
これと同様な判断を下すことが本当にできるのか。
その意味で、地裁や高裁の判断には疑問点が多すぎるし、
その根拠も実に薄弱で危険なものと言わざるを得ない。

続きを読む
posted by KAZZ at 20:25 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴドア

2005年03月18日

堀江よ、いい加減にせよ

先月から再三にわたって、Lievdoorによる
ニッポン放送株式買収問題を取り上げている。
Livedoorは、遂に本体のフジテレビ株式まで買い付けようと模索中で、
やれLBOだのTOBだのと手法論が飛び交う始末だ。
今回の一件を巡って公取委も調査をするらしいし、
現在進行中のニッポン放送による新株予約権発行の是非を巡る法廷闘争も、
東京高等裁判所による審尋が行われる
という状況になった。

さて、そんな中、Livedoorに「NO!」を突きつけた勢力が2つあった。
一つは、FNS加盟27局。要するにフジテレビのネット局である。
そしてもう一つは、ニッポン放送専属の野球評論家で参議院議員の江本孟紀氏だ。

続きを読む
posted by KAZZ at 20:21 | 島根 ☔ | Comment(3) | TrackBack(1) | ライヴドア

2005年03月16日

3本立て(2):ニッポン放送、落城近し

続いて2本目は、佳境を迎えたLivedoorのニッポン放送買収劇。

先日の東京地裁裁定を受けて、
更なる株の買い増しを宣言していたLivedoorが、
ニッポン放送株式の50%超(議決権ベース)を自力取得できたらしい。

実際には、ニッポン放送がフジテレビ向けに発行を予定している
新株予約権についての審理が、最高裁まで行ってどうなるかにもよるが、
少なくとも地裁レベルでの異議申し立ては却下されたようなので、
このままLivedoorが経営の実権を掌握する可能性は高い。

さて、ここからは私の個人レベルでの感想になる。

続きを読む
posted by KAZZ at 20:18 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | ライヴドア

2005年02月23日

フジテレビに出し抜かれたホリエモン

ニッポン放送株を増資することによって、
フジテレビに対して行使できる議決権を復活させる。

ライヴドアは、フジテレビがTOB目標を25%超に引き下げて
ニッポン放送のフジテレビに対する議決権消滅を狙う策に出た際に、
こんな対抗策を打ち出していた。

そして、ニッポン放送は新株発行を前提にした行動に出る。
但し、ニッポン放送主導で、その新株予約券の引受先は、フジテレビだ。

ライヴドアが時間外取引という「裏技」で勝負に出てきた以上、
フジサンケイグループも対抗手段に「裏技」を持ってきたような形だ。

続きを読む
posted by KAZZ at 19:54 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴドア

2005年02月21日

フジテレビは本当に被害者か?

ライヴドアとフジテレビ。
相変わらずバカな争いを続けている。

フジテレビ側はTOB成功(取得が25%超)を確信するコメントを出す一方、
ライヴドアの方は、議決権ベースで40%超の株式を取得したようでもある。
どっちもどっち、不毛な争いではないか。

仮にライヴドアが目論む乗っ取りが成功したとしても、
環境整備に多大な投資を強いられることは目に見えているし、
提携がうまくいかないと、逆に堀江の方が飽きて
事業提携を見直す可能性だってあり得る。
前にも書いたように、所詮、大義なき株式買い付けであり、
大義なき資本及び業務提携提案である。

続きを読む
posted by KAZZ at 20:00 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴドア

2005年02月18日

自社株主に歓迎されざる「人生最大の決断」

ライヴドアの社長である堀江貴文という御仁は、
自分が企業経営者であることを、どうやらお忘れの御様子だ。

御存知のように、このところライヴドアは
ニッポン放送の株式取得と、それを端緒とした
フジサンケイグループに対する影響力確保戦略で
大いにマスコミを賑わしている。

堀江本人は長期戦を覚悟してまでも
「業務提携」という名の「企業(グループ)支配権確保」、
つまり「乗っ取り」を図ろうとしているわけだが、
そういった動きはどうやら自社の株主からは嫌忌されているようで、
6日間連続でライヴドアの株価自体が値下がりを続けているという。

続きを読む
posted by KAZZ at 20:09 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴドア

2005年02月11日

早まってしまったライヴドア

ライヴドアによる、ニッポン放送(JOLF。以下LFと略す)株買収騒ぎは、
その後、フジテレビ(JOCX。以下CXと略す)が、
株式公開買い付け(TOB)の期限延長(2月21日→3月2日)や、
買い付けの最低目標引き下げなどの対策を講じることにより、
結果として起こり得ると予測される、ライヴドアによるCXへの
影響力行使を防止する構えを見せている。

CXからしてみれば、今回のライヴドアの行動は
一種の敵対的買収と解釈できると判断したようで、
それ故のこうした行動であろう。

まあ、ライヴドアの堀江社長がレギュラー出演している番組を
これ見よがしに休止してみせる
のはどうかとも思うが、
ともあれ、これもCX側の「対策」の一環と好意的に解釈しておきたい。

一方、ライヴドアは、出版事業にも参画しようとしていて、
幻冬社と業務提携をするのだという。
お盛んな話ではないか。

続きを読む
posted by KAZZ at 18:33 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ライヴドア

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。