2006年12月11日

正しい和食とは?

ちょっと趣向を変えて、
面白い記事を見つけたので全文引用してみる。


「正しい和食」認証制度に米メディア猛反発(産経新聞)

<引用開始>

 【ニューヨーク=長戸雅子】日本の農水省が世界にある和食レストランを「正しい和食」と認証する新制度の導入を検討していることに、和食ブームが続く米国のメディアが次々に反応している。ワシントン・ポスト紙が「国粋主義の復活」と報じれば、ボイス・オブ・アメリカ(VOA)は「日本がスシ・ポリスを派遣する」と揶揄(やゆ)、巻き寿司の「カリフォルニア・ロール」発祥の地ではロサンゼルス・タイムズ紙が「論争の火種になる恐れがある」などと警告し、さながら“日米食文化摩擦”の様相だ。

 農水省は認証制度の検討について「食材や調理法が本来の日本食とかけ離れた料理を提供している日本食レストランが増えているため」と説明。 現在全米に「日本食」を掲げるレストランは9000店あり、10年間で2.5倍に増加。このうち日本人、日系人がオーナーの店は10%以下に過ぎず、経営者の多くが中国、韓国などアジア系の移民という。 

 和食激戦地のニューヨーク市マンハッタン・ミッドタウンにある小さな和食店もそのひとつ。オーナーをはじめスタッフは全員中国人で、顧客の9割以上は米国人という。

 スタッフの一人は「日本政府の好みに味を合わせても意味はない。レストランは地元産業。地元の人が好む味に合わせ、創作するのは当然」と認証制度の意義に首をかしげる。

 米最大の和食のメッカであるカリフォルニア州では、ロサンゼルス・タイムズ紙が伝統的な和食でない「カリフォルニア・ロール」などを挙げながら米国人が好む和食と農水省の判断に違いが生じる可能性を指摘。「米政府がアフリカや香港や韓国でアメリカ料理の認証をやろうとするだろうか」という韓国系米国人の和食店オーナーの声を紹介している。


<引用終了>


よく似た制度で有名なのがイタリアのそれである。
(↓のpdfの7ページ目以降に掲載)

海外におけるレストラン認証制度について(農林水産省・pdf)

正統な日本文化としての「和食」を広めようとするのであれば、
別にこれぐらい普通
なのではないか。

それを「国粋主義の復活」だのと言い出すのは、
食も文化の一つと位置づけていない大雑把な国の言う戯れ言みたいなものだ。

どうも、アメリカのメディアは「自国の文化を尊重する姿勢」というものが
相当にお嫌いな連中ばかりいるらしい。
他国に自分の国の価値観を押し売りして回るのは平気なくせに、
受けに回ると途端にこれだから始末が悪い

思うに、アメリカという国は、自分の国の文化というものを
実は相当に軽視している
のではなかろうか。
そのような「文化」を軽視する国だからこそ、
他国が自身の文化を重視するのが信じられないのかもしれない。
だから、あのような言いがかりをつけるしかないのだろう。

どの国にも固有の文化は存在する
最低限、それは尊重しなければならない
その「文化」の一端を持ち込んで商売にしようというのであれば
尚更
ではなかろうか。
それが持ち込もうとする他国の文化に対する一種の礼儀だと思う。

アメリカは紛い物の和食で日本の文化を疑似体験させることを
良しとしようと思っている
のだろうか。
だとしたら、それは相当な文化的貧困の表れではないのか。

かかる国が「文化」を大っぴらに論じる資格は、
あまりないような気がする
のだが・・・。
posted by KAZZ at 20:22 | 島根 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 海外事件・社会

2006年05月22日

早期解決への道は遠いか?

拉致問題:子どもたち帰国丸2年 地村保志さんがコメント
拉致問題:子どもたちの帰国から2年 蓮池夫妻がコメント

(以上、毎日新聞)

北朝鮮の拉致被害者である地村保志さんと蓮池夫妻が
それぞれの子供たちが帰国してから2年経過したのを機に
コメントを発表したそうである。

どちらも拉致問題の完全解決に向けた進展を
強く希望する
旨のコメントを出しておられるようだ。
何せ拉致の被害者は彼らだけではないのだし、
それ故に心苦しさも感じておられるのだろう。

地村さんや蓮池夫妻の願いが早く叶うといいのだが、
日本政府はいったい何をやっているのかという気がする。
被害者の御両親である横田滋・早紀江夫妻を
アメリカ(早紀江さん)や韓国(滋さん)に行かせて
政府は何の行動もしない
しているのかもしれないが、まるで目に見えない

地村さんや蓮池夫妻が感じているであろう苛立ちを
果たして日本政府は理解しているのか

理解できているなら、迅速な解決を目指すべく
国内外に手を尽くしたりすると思われる。
それがどこまでできているのか。
どうもこれまでの状況を見ると、怪しく思えてしまう

日本政府は今一度、拉致問題への取り組みについて
自らを厳しく問い直す時期に来ている
のかもしれない。
posted by KAZZ at 19:14 | 島根 | Comment(1) | TrackBack(0) | 海外事件・社会

2005年07月08日

テロルの幻想にしか引きこもれないアルカーイダ

昨日のロンドンでの同時多発テロ事件は、
死者が一説に拠れば50人余いると言われる一方、
30人台後半説も流布しており、その情報は錯綜している
ようだが、
一つだけ確実にわかっているのは、それがアルカーイダの仕業であって
当然のことながら多くの非難を呼んでいるということだ。
そして、またしても多くの善良なるイスラム教徒が誤解を受け、
不条理な非難を浴びなければならない羽目になった


アルカーイダでもザルカウィ一派でも何でもいいのだが、
このクソッタレ連中には、仮に世界が総イスラム原理主義化したとしても、
今と同じことを必ずしでかすような知性のなさしか感じない
テロルによってもたらされる幻想の世界にしか引きこもれず、
国際社会に正々堂々と打って出るような度胸もない
これらの連中が、
ジハード(聖戦)」などというフレーズを使うこと自体、
愚の骨頂であり、滑稽の極みだと言っていい。

連中にとって「イスラム教」とは、所詮ただの道具に過ぎない
連中の「原理主義」とは、その道具から都合の良いところだけ抜き出して
手前勝手な解釈と理論付けによって作り出した
ただの「マイルール」でしかない

善良なイスラム社会の人々が彼らと同一視されることを拒むのは、
彼らの唱える「イスラム教」とテロリスト連中が唱えるそれとは
全然異質のものだからであって、更に言うならば、
善良なイスラム社会の人々からしてみれば、
テロリスト連中は「イスラム教」や「イスラム原理主義」を
ダシにして活動している
ような印象があるからだろう。

結局、テロルは何も生まない

そのことはこれまでの歴史が証明している。
「ジハード」の美名にくるめば何でも許されると思っては大間違いだ

国際社会の一員として、
私は断固としてテロリズムを憎み、テロリストを憎む。
テロルの幻想にしか引きこもることができない、
哀れなテロリストたちを徹底的に憎む。

今回のテロ行為によって負傷等された方々に衷心よりお見舞い申し上げると共に、
今回のテロ行為によって亡くなられた方々の御冥福を衷心より祈る。

そして、早くこの世界からテロルの恐怖が撲滅されることを強く願う
posted by KAZZ at 20:10 | 島根 ☀ | Comment(3) | TrackBack(1) | 海外事件・社会

2005年06月03日

韓国は何様か・2

いやはや、韓国はトンデモ国家である。
よその庭先を荒らしただけでは気が済まないらしい。

日本の対抗措置を非難するぐらいはまだマシな方だ。
盗人同然のことをした連中を匿った行為を、
国家挙げて表彰しようとする
のだから、開いた口が塞がらない。

だが、もっと驚くのは以下の記事であろう。全文引用する。

<引用開始>
逃走漁船、日本側を提訴へ=韓国通信社

 【ソウル3日時事】韓国の通信社・聯合ニュースは3日、長崎県・対馬沖で日本側の立ち入り検査を無視し、海上保安官を乗せて一時逃走した韓国漁船「502シンプン」の船長らが、海上保安官に殴られるなどしたとして、海上保安庁を相手取り損害賠償請求訴訟を起こす意向だと報じた。 
(時事通信) - 6月3日21時3分更新

<引用終了>

いやいや、抱腹絶倒とはこのことだろう。
泥棒が、盗みに入った家の家人に殴られた際に
怪我をしたので治療費を払えと訴えるのと同じである。
こんなバカな裁判を起こそうと本気で思っているのが実に可笑しい。

今回の事例を国際法的に見て、どちらの態度や行動が正しいか。
そんなものは訊くまでもない。漁船側が主張する暴力行為だって、
海上保安庁側では、「なかった」と明快に主張している
それなのに、この笑止千万な対応である。

日本政府が毅然とした態度で漁船及び船長の引き渡しを要求し、
実現していれば、こんなアホな事態になどならなかった。
今頃国会では郵政民営化だの、靖国参拝だのと議論が喧しいが、
そんなことに血道を上げている場合ではなかろう。

こんなことが許されるとしたら、
それこそ日本の国益を大いに損ねる大問題である。
郵政民営化なんてどうでもいいことに熱を上げる前に、
こちらの問題をしっかりと片付けるのが政府の火急の務めであろうに。

情けなくて話にならない
こんなことだから、日本はいつまで経っても中国や韓国に
あれこれ難癖をつけられた挙げ句に、さんざっぱらにナメられる。
そんなことが外務省も政府も何一つわかっちゃいない。

今回の件で懸命の努力をした第7管区海上保安本部の皆さんの仕事が、
これではまったく報われないではないか。
政府や外務省は海保に恥をかかせる気なのか?

まったく、日本国民として非常に残念である。
posted by KAZZ at 23:12 | 島根 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 海外事件・社会

2005年06月02日

【臨時】韓国は何様か

posted by KAZZ at 22:48 | 島根 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 海外事件・社会

2005年04月18日

困るのは結局、中国や韓国なのだけれど

韓国国民の間で最も危険なイメージがある国は、
どうやら日本らしいという。

一方、中国の反日デモは止むどころか広がる一方である。
中国国内だけならいざ知らず、国外にまで飛び火する有様だ。
こういう状況があるにもかかわらず、
中国の外務大臣は、わざわざ会いに来た日本の外務大臣に対して、
木で鼻を括るが如き態度を取り
しかも虚偽の発表までしてしまうという、
わけのわからない迷走ぶりを発揮した。

続きを読む
posted by KAZZ at 19:28 | 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外事件・社会

2005年04月15日

どうせ口だけでしょ

反日デモがあんまり喧伝されたもんだから、
とうとう中国当局が規制に乗り出すようではある

もっとも、中国当局の言い分を鵜呑みにしていいとは思わない。
恐らく先週同様、形だけの規制しかしないだろう。
その程度の意識しか、あの国にはないと思われる。

届け出さえすればデモをしても良いことには変わりなく、
そこで最初だけは大人しくしておきながら、
徐々に様子が変わっていった場合、どうなるのか。
どうせ防ぐような様子は見せまい。

続きを読む
posted by KAZZ at 20:18 | 島根 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 海外事件・社会

2005年04月13日

思い上がるのも程々に

本日は2本立てです。
まず1本目。

韓国で「火垂るの墓」というアニメを上映しようとしたものの、
なぜか上映が無期延期になってしまった
という。
その理由が「対日感情の悪化」だそうで、これは仕方がないとして、
何処の誰が言ったのか「日本人を戦争被害者として描写している
などという反発の声が挙がったらしいのには呆れる。

このような反発をした連中にぜひとも訊きたいが、
日本人は戦争被害に遭ってはいけないのか?
日本人だって原爆を落とされたり、大空襲に遭ったり、
戦争末期には軍部の無茶苦茶な施策のせいで
謂われもない被害に遭った人は大勢いるのだ。
今日の日本は、そういう被害を出発点にしてここまで立ち直ってきた。
そういう目に遭った人たちを、あなたたちは侮辱するのか?

だったら、そうすれば良かろう。
但し、そのような思い上がりのある国に対して、こちらも容赦はしない。
あなた方の戦争被害など、こちらも認めなければ済むだけだ。

続きを読む
posted by KAZZ at 19:46 | 島根 ☀ | Comment(1) | TrackBack(1) | 海外事件・社会

2005年04月11日

責任をキチンと取りたまえ

いやはや、とんだお笑い種とはまさにこのことかもしれない。

自分たちであれだけの反日デモを煽っておきながら、
自分たちの手に負えなくなると、すぐさまケツをまくり、
挙げ句「お願いだから止めてくれ」と哀願を始める

デモの中心にいた団体の連中は、何も考えていないのか、
あるいは軽い気持ちだったのか。

どっちにしてみても、若気の至りから来る軽挙妄動では
もはや済まされない事態に発展していることについて、
その責任をキチンと取らなければなるまい。

続きを読む
posted by KAZZ at 20:17 | 島根 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 海外事件・社会

2004年12月13日

筋が通らない

北朝鮮という国は、何とも笑わせてくれる国のようだ。
昨今盛り上がりつつある経済制裁論に対して、
こういう批判や、こういう批判
世に問うているというのである。

今更この国の知性を論うつもりもないが、
何と貧困な発想だろうと思ってしまう。

続きを読む
posted by KAZZ at 20:39 | 島根 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 海外事件・社会

2004年12月06日

笑っちゃうほど意味不明

中国では、先の大戦を題材に、こんなドラマが作られたらしい。

ストーリーの概要は記事の方を御覧いただくとして、
問題はこの作品に対して、中国当局がしたという「検閲」が、
あまりにも笑っちゃうほど意味不明な代物だった、ということである。

この作品の楊陽なる監督は、
戦争が人間を狂わせる様子を描いたらしいのだが、
あちらの御上はそれではいけないと思ったらしく、
例によって例の如く、日本を目の敵にする内容にさせられた。
しかも楊監督自身が、会見で歴史がどうのこうのと主張したという。

続きを読む
posted by KAZZ at 20:01 | 島根 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外事件・社会

2004年11月10日

ザルカウィもビン・ラーディンも捕まえられないブッシュ

テロとの戦い。
ブッシュが現在推し進めていることではあるのだが、
しかし、ちょっと待ってもらいたい。

彼は今まで、テロリストと呼ばれる連中を
一度でも捕まえたことがあるのか。
サダム・フセイン?
あれはテロリストではないだろう。ただの独裁者に過ぎない。

オサマ・ビン・ラーディンにしても、
アブムサブ・ザルカウィにしても、
ブッシュは未だに捕まえられないではないか。
これでテロとの戦いを推し進めるのだというから笑わせる。

続きを読む
posted by KAZZ at 19:28 | 島根 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | 海外事件・社会

2004年11月08日

「非戦闘地域」の基準とは?

どうもよくわからない。
小泉首相は、いったい何を根拠に
サマワは非戦闘地域である」と言えるのだろう。
誰か、小泉に「そう断定できる根拠は何か?」と
ツッコミを入れてみても良さそうなものだが、
短時間のぶら下がり取材ではそれも無理らしい。

続きを読む
posted by KAZZ at 19:23 | 島根 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外事件・社会

2004年11月01日

あなた任せの「最善」

人質救出に「最善」を尽くした、と小泉首相は言う。
結局、殺害されてしまった香田証生氏の救出に際して、
小泉は「最善」を尽くしたと公言した。

本当にそうだったのか。

一番の問題は、こういった事態においての
日本政府の情報収集能力がきわめて貧弱であるということが、
この事件で思い切り暴露されてしまったことにあるのではないか。

何せ、アメリカ頼みである。
その情報に結局は翻弄され、マスコミの誤報を生じさせる原因にもなった。
遺体発見の情報は、頼みのアメリカからではなく、
イラクの政府からもたらされている。

アメリカに何でもかんでも頼んでおきながら、
それを以て「最善を尽くした」などという嘘っぱちは、
止めた方が良くないだろうか。
posted by KAZZ at 19:55 | 島根 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外事件・社会

2004年10月27日

何考えてんだ!

今朝、イラクで日本人が武装勢力に拉致されたというニュースが入ってきた。
武装勢力は、例によって自衛隊の即時撤退を要求しているが、
小泉首相はこれを拒否、人質の青年の救出に全力を尽くすのだという。

被害者の青年の家族に関してはお気の毒だと思う。

一方、問題の青年に関しては、もう何も言う気にならない。
周りにさんざん止められても、自分の目的しか考えず、
自分は安全だと思い込んだ挙げ句がこれである。

続きを読む
posted by KAZZ at 19:36 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外事件・社会

2004年09月11日

【臨時】9・11に思う

確かに、テロリズム自体は許せない。
その気持ちは今も何ら変わらない。

ただ、反テロリズムにかこつけた
アメリカ覇権主義の拡大だけが進んでしまった、
という現状まで、果たして容認すべきなのか・・・。

どうも覇権主義を推進したいブッシュとその取り巻きが、
テロリズムを格好の口実にしている、
という気がしてならないのだ。
そして、それに気づきながらも、テロの脅威があるため
なかなか反駁ができないリベラリズムの諸君。
特に、大統領候補のジョン・ケリーは難しい立場にあろう。

この世界はどう変容していくのか。
まだまだわからない。
ただ、許し難いテロリズムと共に、
これを口実にした覇権主義の拡大にも
注意を払いたいところである。
posted by KAZZ at 21:29 | 島根 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外事件・社会

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。